takeとbringの違いはgoとcomeとの違いと同じ?

  • 2020.02.17

takeとbringの違いはgoとcomeとの違いと同じ? takeとbringって似ていますよね。 どちらも「持っていく」という意味で使うことができて、どう使い分けていいのかわかりづらいと私は感じていました。 I’ll bring it to you. I’ll take it to you. 「あなたにそれを持ってくよ。」という文章ですが、例えばこの2つの文章に違いはあ […]

inとintoの違い/onとontoの違い その違いはたった1つ?

  • 2020.02.15

inとintoの違い/onとontoの違い その違いはたった1つ? 前置詞のonとinの使い分けだけでもややこしいのに、さらにontoやintoまで出てくるとゲンナリ。。と感じてしまっていたとすれば、もしかしたらそれは少しもったいないことかもしれません。 だって、onとonto、またはinとintoはおよそたった1つの違いしかないからです^ – ^ 今日のまとめを見ていただけたならきっ […]

知られていないalways 「いつも」以外の使い方 ニック式英会話

  • 2020.02.14

知られていないalways 「いつも」以外の使い方 alwaysといえば、「いつも」という意味で覚えていますよね。 きっとこれは私だけではなく大半の方も同じではないでしょうか? でも今日、ニック式英会話を見ていたら、それだけの認識だと対応仕切れない’’使い方’’があるんだと知ることができました。 とてもわかりやすくおすすめですので、リンクを貼っておきます^ – ^ 映画で英語を学ぶ ゴ […]

「〜になる」をGetと形容詞で表現 あいうえおフォニックス

  • 2020.02.13

「〜になる」をGetと形容詞で表現 getってたくさん意味があってわかりづらい動詞ですよね。 「手に入れる」や「わかった!」「到着する」などなど、その場その場で使い分けていかなくてはいけません。 その中でも、getと形容詞を組み合わせるとどんな用法になるのかについて、あいうえおフォニックスの動画から勉強していきたいと思います。 こちらがリンクですので、動画で確認して見てください^ – […]

on timeとin timeの違い 間違えがちなonとinの違いとは

  • 2020.02.13

on timeとin timeの違い 間違えがちなonとinの違いとは on timeとin timeはとても似ているように見えます。 でも、このon timeとin timeの使い方、似ているようで結構違いがあるんです。 例えば、「間に合った」と表現したい時はin timeを使いますが、「予定通りだよ」と言いたい場合はon timeを使います。 似ていますが、on timeとin timeを曖昧 […]

Oh, boy! やMan!「なんてこった!」驚きを表現するスラング

  • 2020.02.11

Oh, boy! やMan!「なんてこった!」驚きを表現するスラング たまに、ネイティヴスピーカーがOh, boy!と言って興奮しているのを見かけたことありませんか?? それか、Man!も同じような興奮した様子でたまにネイティヴスピーカーが言っていたりします。 いつも疑問には感じてはいましたが、なんとなく、「なんてこった」とか「マジか〜」みたいな場面で使っているので、そんなもんなのかな程度に考えて […]

私も間違っていたEachとEveryの使い分け

  • 2020.02.10

EachとEveryの使い分け eachとeveryはごっちゃになりやすい単語の一つです。 かくいう私もごっちゃにしてしまっていた一人。 それぞれのと言いたいからeach、すべてのと言いたいからeveryを使う、と思っていたのになぜかネイティヴスピーカーから「その場合はeveryだな」と言い直されてしまった汗 なんて経験もあります笑 やはり何か理解できていなかった点があったのかと今考えれば思います […]

someとanyの正しい使い分け 本当に分かってますか?

  • 2020.02.08

someとanyの正しい使い分け 本当に分かってますか? someとanyは英会話でとってもたくさん耳にするし、たくさん言う必要がある重要な言葉です。 また、とってもその使いわけが難しい言葉でもありますよね? someとanyは数えられるもの、数えられないものなど数量がどれくらいのなのか?を表現するのには欠かせません。 その使い分けのポイント、ルールさえしっかりと分かっていれば後はそのルールにした […]

each otherほとんどの人が間違えている使い方

  • 2020.02.07

each otherほとんどの人が間違えている使い方 とても便利な言葉each otherですが、なんとほとんどの人が間違って使っている可能性があるんというんです! 一体どういうことなんでしょうか? ニック式英会話で今日も勉強していきたいと思います^ – ^ 以下動画リンクです。 英語 よくある間違い:each other の使い方 each otherは目的語 each otherは […]

Actuallyの使いどころ4選 ネイティヴスピーカーたちのの使い回し

  • 2020.02.06

Actuallyの使いどころ4選 ネイティヴスピーカーたちのの使い回し actuallyという言葉を的確に使えると、日常会話でネイティヴスピーカー感がぐっと増します!その理由はactuallyが醸し出す細やかなニュアンスを表現することができるからです。 使い所が大きく分けて4つ。 自然とそれぞれの場面でこのactuallyが出てくるように慣ればもう中級者以上であることは間違いなしです!(持論です笑 […]

Already Yet Stillの違い

  • 2020.02.05

Already Yet Stillの違い already、yet、stillはなんだかとっても似ている言葉ですよね。 どんな時にどれを使えばいいのか分からなくなってしまったという方もきっといるんじゃないでしょうか? 難しくありませんが、注意ポイントもありますので、今日はそんなalready、yet、stillについて簡単にまとめておきたいと思います^ – ^ Already alrea […]

gonna・wanna・gotta・haftについてのまとめ

  • 2020.02.03

gonna・wanna・gotta・haftについてのまとめ みなさんもgonnaやwannaは聞いたことあったり知っているという方も多いかと思います。 でもgottaはちょっとさらに小難しい気がしますよね??それに、gonnaとgottaもなんだか似ているし、わかりづらい。 私だけそう感じているわけではないと思います! なので、今日はそんなgonna、wanna、gotta、haftについて勉強 […]

beenとgoneの似ているようではっきり違う使い方

  • 2020.02.02

beenとgoneの似ているようではっきり違う使い方 beenとgoneって似てる場面で使われるって知ってましたか? 例えば、どこどこ行ってきたよ。どこどこ行ってるんだよ。なんて時に、beenやgoneを使って表現するから、’’似ている。’’と感じることがあるんです^ – ^ なんとなくボヤ〜っと使い分けしているという場合も結構多いと思いますので、この記事ではっきりさせておきたいと思い […]

趣味を聞くのにhobbyは実は使わない!その代わりの表現

  • 2020.01.31

趣味を聞くのにhobbyは実は使わない!その代わりの表現 What’re your hobbies? あなたの趣味は何ですか? よく耳にしそうなフレーズですが、実は英語ではほとんど使われることのないフレーズなんです。 教科書などでは、使われますけどね笑 実際の会話では全く使われることはありません。事実、私も聞いたことのない表現です^ – ^ なぜhobbyを使わないかと言う […]

How comeとWhyは同じ意味でもちょっと違うニュアンスの表現?

  • 2020.01.30

How comeとWhyは同じ意味でもちょっとだけ違う理由 How come?って聞いたことありますか?? 実は日常会話の中に溢れているこの表現、知らないときっと誤解してしまうかもしれません。 普通に考えたら、「どうやってくるの?」という意味だろうな、と思ってしまいますよね^ – ^ でもよく考えてみると、「どうやってくるの?」という文の場合、 How are you going to […]

【日常英会話】-should’ve-could’ve-would’ve-の違い

  • 2020.01.28

shouldとcouldとwould。 それだけでもなかなか使い分けが難しいと感じているかもしれませんが、実はそのshould、could、wouldに更にhave+過去分詞の組み合わせることができます。 難しく見えるかもしれませんが、ゆっくりとどんなシチュエーションでそれぞれ使うのかさえ分かれば、大したことはありません。 今日はLucy Englishで勉強していきたいと思います! 基本的の-s […]

【ビジネス英会話 】最難関ビジネスでの電話対応も流れが分かれば怖くない!

  • 2020.01.27

最難関ビジネスでの電話対応も流れが分かれば怖くない! まず英語での電話って面と向かった会話より難易度が上がってしまいますよね。 それは、ジェスチャーができなかったり、相手の表情、例えば相手が理解しているような顔をしてるのかなどを読むことができないからです。 だから、なるべく電話を避けたいと思っている方も多いのでは無いでしょうか?? でも英語圏に住んでいるならなかなか避けることのできない場面もあった […]

【日常英会話】 ショッピングで必須!フレーズ 6つのシチュエーション別表現

  • 2020.01.26

洋服のお店で、まず聞かれること。 それは、「何かお探し物はございますか?」ですよね。 英語だとだいたい「May I help you?」「Can I help you find anything?」です。 こんな時に、真っ先の思い浮かぶ返事はきっと「I’m good.」か「Just looking.」でしょうか?? でもちょっとこれだけだと早く会話を切り上げたい、構わないでほしい感が伝 […]

I’m interesting?interested?絶対知っておきたい2つの違い

  • 2020.01.25

interestingはおもしろいとか、興味があるという意味ですよね。 中学英語でも比較的早めに登場する単語で、’’簡単な単語’’という印象を持っている人もおおいかもしれません。でも気をつけないと決定的な間違いを知らず知らずにしてしまっているかも。 それは、例えばして、interestingやinterestedだったり、形が少し変わって使い方、使う場面が変わっていくからだと思います。 そんなとき […]

【YouTube先生】I’m boring?I’m bored?シンプルなのに知らず知らずに間違えている10の用法 後編5フレーズ

  • 2020.01.24

I’m boring?I’m bored?シンプルなのに知らず知らずに間違えている10の用法 さてさて、簡単だけど知らないうちに間違えてしまっていることの多いフレーズ後編を始めます。 今回もきっと「あっ、よくやっちゃってるよ!」と気づくかもです^ – ^ 間違い6 It calls そう呼ぶよ callは「を呼ぶ」という動詞ですね。 例えば、「それって何?」「こ […]

【YouTube先生】is deadそれともdie? バッテリーが切れたときの表現方法

  • 2020.01.22

is deadそれともdie? バッテリーが切れたときの表現方法 英語で「バッテリーが切れた。」「バッテリーが切れそう。」という表現をする場合、deadかdieを使って表現します。 カメラ、iPad、携帯電話、パソコン、全てバッテリーを使っていますし、こういったバッテリーを使って充電されているものは全て、このdeadとdieでバッテリーが切れたということを表現することができます。 例えば車のバッテ […]

【YouTube先生】I’m wating you?シンプルなのに知らず知らずに間違えている10の用法 前編5フレーズ

  • 2020.01.21

I’m wating you?シンプルなのに知らず知らずに間違えている10の用法 aやtheなどの冠詞は不可算名詞(数えられない名詞)には使えない。 そんな基本わかってるよ!可算名詞、不可算名詞なんて簡単。だって水waterは数えられないし、リンゴappleは数えられる。しとっても単純だ。 とは、言わない方がいいかもしれません笑 それは、誰もが知らず知らずに失敗している場合があるからで […]

【YouTube先生】14のシチュエーション別 仕事でスマートに見せる英語28フレーズ

  • 2020.01.20

14のシチュエーション別 仕事でスマートに見せる英語フレーズ 仕事での英語の言い回しって少し難しいですよね。 もちろん簡単な表現で伝えられるのであれば、ほとんどそれで十分です。 ただ、今回はあくまでビジネスとして考えたとき、よりスマートに自分を見せるための助けとなるフレーズを14つのシチュエーション別で紹介していきたいと思います! シチュエーション1 資料の修正 make changes  変更を […]

【日常英会話】意外とみんな知らない?「少ない」の表現方法まとめ 厳選6選

  • 2020.01.19

意外とみんな知らない?「少ない」の表現方法まとめ 厳選6選 多いというならmanyやa lot ofなどすぐに思いつくと思いますが、では「少ない」ってどう表現するか知っていますか? 意外にわからないって方も多いのではないでしょうか。smallは「ちいさい」という単語だけど、少ないって意味にもなるのかな?なんて疑問を持っている人もいるかもしれません。 「人数が少なすぎるよ」とか、「材料が少なすぎる」 […]

【日常英会話】take shoes off が正しいかtake off shoesが正しいか

  • 2020.01.18

take shoes off が正しいかtake off shoesが正しいか 今日はとっても素朴な疑問についての記事です^ – ^ よく「靴を脱いで」とか「服を脱いで」「ペンを拾って」なんでもいいんですが、それって大抵takeやpickに副詞の組み合わせで表現しますよね。 そんなとき、例えば靴を脱いでというフレーズで考えたとき、 Please take shoes off. Plea […]

1 8