「〜になる」をGetと形容詞で表現 あいうえおフォニックス

「〜になる」をGetと形容詞で表現

getってたくさん意味があってわかりづらい動詞ですよね。

「手に入れる」や「わかった!」「到着する」などなど、その場その場で使い分けていかなくてはいけません。

その中でも、getと形容詞を組み合わせるとどんな用法になるのかについて、あいうえおフォニックスの動画から勉強していきたいと思います。

こちらがリンクですので、動画で確認して見てください^ – ^

getの使い方① 英会話でよく使うget+形容詞(〜になる)の表現を練習しよう [#166]

getと形容詞で「〜になる」

濡れる get wet

お腹が空く get hungry

汚れる get dirty

気持ち悪くなる get sick

結婚する get married

緊張する get nervous

これらは全て、getの後ろは形容詞の組み合わせです。getと形容詞を組み合わせると「〜になる」という意味で使えるんです。

では、すでに濡れていたり、すでに汚れていたらどう表現するかと言うと

It is wet.  濡れている。

They are wet.  濡れている。(複数の場合)

It is dirty.  汚れている. 

They are dirty.  汚れている。(複数の場合)

このように、be動詞で表現することができます。

ですから、もともとdryだったり、cleanだったものが、wetやdirtyに変化する、つまり「〜になる」場合にgetを使って表現します。

過去形では

I got wet.  濡れた。

未来形では

They’ll get dirty.  それらは汚れるよ。

と時制を変えて表現することができます。

「シャツが濡れちゃった。」と表現する場合はMy shirt is wet.ではなくMy shirt got wet.が正しい表現になります。

My shirt is wet.  シャツが濡れてるんだ。

My shirt got wet.  シャツが濡れちゃった。

他にも、

I’m tired.であれば、今すでに疲れているということで、もし「だんだん疲れてきた」と表現したい場合は、I’m getting tired.が正しい表現になります。

I’m tired.  疲れてるんだ。

I’m getting tired.  だんだん疲れてきた。

その他例文

I’m getting nervous.  緊張してきた。

Don’t get mad.  怒らないで。

Are you getting hungry?  お腹すいてきた?

I got completely wet and tired.  めちゃくちゃ濡れて、疲れた。

I got lost on the way here.  ここに来る途中、道に迷った。

If you eat too much, you’ll get sick.  あまり食べすぎると、気持ち悪くなるよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です