趣味を聞くのにhobbyは実は使わない!その代わりの表現

趣味を聞くのにhobbyは実は使わない!その代わりの表現

趣味を聞くのにhobbyは実は使わない!その代わりの表現

What’re your hobbies? あなたの趣味は何ですか?

よく耳にしそうなフレーズですが、実は英語ではほとんど使われることのないフレーズなんです。

教科書などでは、使われますけどね笑 実際の会話では全く使われることはありません。事実、私も聞いたことのない表現です^ – ^

なぜhobbyを使わないかと言うと、hobbyという単語の意味に関係しているかもしれません。

hobbyとは、知識や、ちょっとした技術があってこそできることみたいなニュアンスがあります。

例えば、写真撮影、カリグラフィー、習字といったようなもの。

そういう限定されたようなニュアンスがあるため、日本語のように趣味何?と聞くように、What’re your hobby?と聞けないんです。

もしWhat’re your hobby?と聞いたら、そんな知識や技術を使った遊びや物事なんてしてないけど、何もないって答えるのもな〜。と相手にも色々と配慮させてしまうかもしれません。

そんな面倒な感じになってしまいますので、使われづらい要因と言えるでしょう。

では代わりにネイティヴスピーカーたちはどんな風に趣味について聞いたりするんでしょうか?

What did you do this weekend?

What did you do this weekend?  この週末は何をしたの?

どんなアクティビティーがあなたは好きなの?という具体的な事柄を聞くような、直接的な聞き方ではありません。でも例えば次にこんな返事が返ってきたとします。

I went to an outdoor skating rink because it’s freezing outside and it was lots of fun!  アウトドアのスケートリンクに行ったんだ、外が凍ってるからね、すごく楽しかったよ!

すると、スケートが好きなんだなと分かりますよね。

こういった感じで、直接的に聞くのではなく、間接的に何が好きなのかな〜?と考えながら見つけていきます。

ではもう一つの返事を見てみましょう。

I went for a hike this weekend.  この週はハイキングに行ったよ。

Oh. That’s great! Have you ever been to Craggy Gardens?  おお、いいね!クラッジーガーデンって行ったことある?

Have you everで「今までに◯◯行ったことある?」「したことある?」と共通点を探すことができます。

もし、そのときの返事がNoで共通点出なかったとしても、Yes, I have! That’s great spot!と話が弾む場合もありますよね。

このように、相手について知っていくという作業で、結果的に趣味は何かを知っていくことができます。

What kind of things do you like to do?

What kind of things do you like to do?  どんな類のことをするのが好きなの?

これが日本語で言う「趣味は何?」と聞くのに近いです。

先ほどのWhat did you do?よりももう少し直接的な表現。

What did you do?はどんな返事でもいい、答え方を選ばない質問ですが、このWhat kind of things do you like to do?は’’何をするのが好きか?’’をそのまま聞くので、少し直接的になります。

「趣味は何?」と聞くのも’’趣味という範囲の中’’というある限られた中の返事を求めていますよね。ですので、とても似たニュアンスとして使うことができます。

ただ、直接的になる分、何だか問いただされている感、インタビューをされている感が場合によっては出てきてしまいます。ですので、親しくなってから使う方がいいです。

いきなり、初対面で「あなたは何の類をするのが好きなんですか?」と聞かれても、どこまで言っていいものか戸惑ってしまったりするかもしれません。

What do you like to do in your free time?

What do you like to do in your free time?  時間のある時は何してるの?

これも趣味を聞く表現として使えます。先ほどのWhat kind of things do you like?よりも少し間接的な表現ですので、相手に無駄なプレッシャーを与えずに済みます。

返事は「ゴルフしてるよ。」「ランニングしてるんだ。」のような趣味と言えるようような返事もOKですが、「よく寝てる。」「実家に帰ってる。」と言った趣味とは言えないようなものも返事に使えます。ですから相手にとっては’’答えやすい’’質問ということと言えると思います^ – ^

自分の趣味をhobby以外で表現するには

もし、趣味について、言いたい場合はこんな表現を使ったります。

I like to ~  をするのが好きなんだ

I love to ~  をするのが大好きなんだ

When I have time, I usually ~  時間がある時普通は〜してる

I wish I had more time to ~  もしもっと時間があったんなら〜する

以下例文

I like to meet up with my friends.  友達と会ったりするのが好きなんだ。

I like to watch TV.  テレビを見るのが好きだよ。

I like to play the piano.  ピアノを弾くのが好き。

I love to have a good meal with my family.  家族と一緒においしい食事をするのが大好き。

I love to go to the movie theater.  映画館に行くのが大好きなんだ。

I love to listen music.  音楽を聴くのが大好きだよ。

When I have time, I usually have friends over.  時間がある時、普通は友達といるな。

When I have time, I usually surf on the internet.  時間がある時、ネットサーフィンしてる。

When I have time, I usually sing or dance.  時間がある時、歌うか踊ってる。

I wish I had more time to just chill on the couch.  もしもっと時間があったら、カウチ(ソファ)でゆっくりするよ。

I wish I had more time to play video games.  もしもっと時間があったら、ビデオゲームするな。

I wish I had more time to go to concerts.  もしもっと時間があったら、コンサートに行くよ。

などなど。

自分の好きなことを表現するということが、要は趣味を表すと考えていいです。

日本語の「趣味」と英語のhobbyは結論として違うもの、と考えた方がいいのかもしれません。同じものと考えてしまうから、変にhobbyという単語を使った方が、意味が同じはず。と思ってしまうわけですからね。

もし、hobbyが習字やカリグラフィーや、楽器を弾くことといったようなちょっとしたスキルが必要なものという枠の中での習慣的にやってること。という意味だったとしたら、わざわざ日本語で言う趣味をhobbyで表現しようと考えませんよね^ – ^

hobbyという単語が使えないとなると先ほど紹介したような、

What did you do?

What kind of things do you like?

What do you like to do in your free time?

と言った簡単な会話から何が好きなのかな、何を普段しているのかな、という情報を汲み取るのが1番というわけです^ – ^

私も早速明日友人にWhat did you do last night?って聞いてみようと思います。今日会ったばかりですので笑