each otherほとんどの人が間違えている使い方

each otherほとんどの人が間違えている使い方

each otherほとんどの人が間違えている使い方

とても便利な言葉each otherですが、なんとほとんどの人が間違って使っている可能性があるんというんです!

一体どういうことなんでしょうか?

ニック式英会話で今日も勉強していきたいと思います^ – ^

以下動画リンクです。

英語 よくある間違い:each other の使い方

each otherは目的語

each otherは「お互いに」という意味というのは日本ではよく知られています。

✖️ We are busy each other.  私たちはお互いに忙しいんです。

でも実はこうような文章は、間違いだったんです!

お互い≠ each other

ではなぜ、間違いなのか?

結論から言うと、each otherは実は’’目的語’’だったんです。

him、her、themなどが目的語で、例えば

I like him.

I like her.

のhimやherです。ですので、each otherが同じ目的語と言うことは

I like each other.

という風に使うのが正しいということになります。

ですから先ほどの

✖️ We are busy each other.  私たちはお互いに忙しいんです。

と言う文章は言い換えれば、

We are busy himとかWe are busy themと言ってしまっているようなものなんです。意味がわかりませんよね笑

では、もう一つ別の視点から、例えばこんな例があったとします。

I looked at him.  私は彼を見た。

He looked at me.  彼は私を見た。

文末にそれぞれ目的語が置かれていますね。ですから、このような文章には、each otherでの置き換えても問題ありません。

◯ We looked at each other.  私たちはお互いを見た。

では「私たちはお互いに忙しい。」はどうのように表現するのか

そうなると、先ほどの例文の作りたかった文章「私たちはお互いに忙しい。」はどのように表現すればよかったのでしょうか?

そのような場合では、bothを使うことで、お互いにという表現をすることができます。

We are both busy.  私たちはお互いに忙しい。

では「私たちはお互いに大阪出身です。」はどう表現するかおさらいして見ます。

We are from Osaka each other.

。。。は間違いですよね。

We are both from Osaka.

が正しい表現となります^ – ^

each other’s 目的語ではなく所有格として使う場合

each otherが目的語なのであれば、所有格はというと、each other’sというように’sを付け足すことで所有格になります。

所有格とは、myやhis、herのこと。

I met his parents.  彼の両親に会ったよ。

He met my parents.  彼は私の両親に会ったよ。

このhisやmyをeach other’sに置き換えるとこのようになります。

We met each other’s parents.  私たちはお互いの両親に会ったよ。

もう一つの例文

I don’t know his name.  私は彼の名前を知らない。

He doesn’t know my name.  彼は私の名前を知らない。

We don’t know each other’s names.  私たちはお互いの名前を知らない。

 

ほとんどの人が間違えているというタイトルは少々大げさでしたでしょうか?^ – ^

もし「そんなの知ってたよ!」という方がいらっしゃいましたら、大変失礼いたしました汗

そんなわけで当然私も意識せずに使っていたのでおそらく、いや確実に間違って使っていたのではないかと思います笑

さすがニック先生です。他にもいろんな超有益動画満載ですので、ぜひチェックして見てください^ – ^