【YouTube先生】仕事・オフィスで使える便利な10個のフレーズ 後編5フレーズ

  • 2020.01.17

仕事・オフィスで使える便利な10個のフレーズ 後編 さて! 全編では、下記の5つの用法の紹介を行いました。 1 kick off 2 set out 3 check in 4 go through / go over 5 clock in / clock out この中で知っている用法はありましたか? 個人的には、check inとgo through / overが勉強になったと感じてます^ & […]

【YouTube先生】仕事・オフィスで使える便利な10個のフレーズ 前編5フレーズ

  • 2020.01.16

仕事・オフィスで使える便利な10個のフレーズ 私もアメリカのオフィスで働く一人として、仕事に置けるフレーズはとっても重要。 知らないフレーズがあると、会話についていきにくくなってしまいますし、知っていれば自ら発言する機会も増えますよね^ – ^ そして、新しく覚えたフレーズはすぐ使いたくなるのが、私の性分です笑 実際に使ってみると、覚えやすいというメリットもありますしね^ – […]

【YouTube先生】「最近何々してる?」は現在完了進行形で表現 今回も有益すぎる回

  • 2020.01.15

「最近何々してる?」は現在完了進行形で表現 最近◯◯してるんだ。最近何してるの?最近雨多いね。 これらのようなフレーズは久しぶりに会う友人と頻出するフレーズですが、ネイティヴスピーカーたちは、最近の様子や状況を聞くとき、実は現在完了進行形を多用しているんです。 でも、現在完了進行形って、過去のある時点から始めて、これからもやっていくような物事への表現方法じゃなかったっけ?となってしまいますが、それ […]

【YouTube先生】Fair enough「そうなんだね〜。」と意見を尊重する表現 HanaEnglish

  • 2020.01.14

Fair enough「そうなんだね〜。」と意見を尊重する表現 HanaEnglish 日本人が絶対に知っておくべき英語の「当たり障りない返事の仕方」 使いどころはこんな感じです。 例えば、友人Aが友人Bの悪口をいいだしました。 友人Aも友人Bも自分にとって大切だったら、きっと「そんなんだ〜。」と当たり障りのない返事をしてしまいますよね。 この当たり障りのない言葉こそが、Fair enoughなん […]

【YouTube先生】文 + ◯◯ で超便利な用法へ大変身!知らないと必ず損する応用編

  • 2020.01.13

今回はかなり有益情報間違いなし! 文章にある言葉を付け加えるだけで、会話に幅が広がる方法についてです。 ニック式英会話の動画から今日も勉強していきたいと思います! 英会話のコツ:奇跡の応用 (文+αを付け足す) 文+形容詞 文章の最後に形容詞を付け加えるだけで、なんと◯◯で、という意味を追加できてしまうんです! He came home hungry.  彼はお腹を空かして帰ってきた。 He ca […]

【YouTube先生】めんどくさいの5つの表現 HanaEnglish

  • 2020.01.12

めんどくさいの5つの表現 HanaEnglish めんどくさいの表現って難しいですよね。 日本語特有の言葉で、なかなか英語に直訳しづらいです。 I don’t want to 〜と言えば、「〜したくない。」と少し似たように言うことはできますが、これしか知らないとなかなか会話の幅も広がってきません。 そんな知っておくととっても便利な英語での「めんどくさい」の表現5つ、今日はHanaEng […]

【日常英会話】君次第だよ 君にまかせるよ 相手に委ねる場合の表現

  • 2020.01.11

君次第だよ 君にまかせるよ 相手に委ねる場合の表現 あなたに任せるよ。君次第だよ。 日本語でもよく使う表現ですよね。どうやって表現するのかわかりますか?? 今日は、「あなたに任せるよ。」や「君次第だよ。」とどうやって表現するのか、まとめてみたいと思います! あなたに任せるよ I’m not fussed. I’m not bothered. あなたに任せるよ。と言いたいとき […]

【YouTube先生】ネイティヴが使う過去形と現在完了の違い

  • 2020.01.10

ネイティヴが使う過去形と現在完了の違い あいうえおフォニックスから勉強した時もそうでしたが、過去形と現在完了って同じように使うことができる。 そんな記事を書いたと思います。 でも今日は、もっと過去形と、現在完了の「違い」を知るために、ニック式英会話の動画より勉強していきたいと思います! 過去形と現在完了の違い 過去形 終わっていること 現在完了形 続いていること 具体的な例として、 過去形 I l […]

【日常英会話】a few some severalの違い 特にsomeが特殊な件

  • 2020.01.09

a fewとsomeってなんとなく「数個」でしょ? ってそれでほぼ日常会話でも困ることはありません。 でも、それらの指す本当の数字ネイティヴスピーカーたちにとって、ちゃんとそれらがいくつくらいの数字を指すのか決まっているんでしょうか?だいたいこのくらい。というような。 もちろん、なんとなく分かっているという感じの方も多いでしょう。それは今まで、培ってきた経験によるものです。 そんな経験のない私たち […]

【YouTube先生】もうしちゃった?alreadyとyetの違い あいうえおフォニックス

  • 2020.01.07

もうしちゃった?alreadyとyetの違い あいうえおフォニックス alreadyとyetはどんな場面でそれぞれ使い分けるのかとてもややこしいですよね。 特に、alreadyは使い方を間違えると、思いも寄らないニュアンスになってしまう場合も! あいうえおフォニックスの動画で詳しく説明していますので、紹介したいと思います! 英会話で間違えやすいalreadyとyet「もう~した?」の言い方 現在完 […]

【日常英会話】onlyとjustの違い 意外とわかりづらいので例文で徹底解説

  • 2020.01.05

onlyとjustの違い 意外とわかりづらいので例文で徹底解説 onlyとjustってとても似た使い方をすることができます。 だから、どう使い分けるのか、よくわからなくなってしまいますよね。 今回は少しわかりづらいかもしれません。なんとなく感覚でonlyとjustの使い分けをしていたので、その違いをしっかりと意識したことはありませんでした。 いい機会ですので、まとめて確認しておきたいと思います! […]

【日常英会話】by 違いがわかる5つの用法とその使い方

  • 2020.01.04

by 違いがわかる5つの用法とその使い方 withに続いてbyもなかなか分かりづらい前置詞ですよね。 例えば、He is coming by his car.って言わずになぜかin his car.となるのは、不思議ですよね^ – ^ 「あれ?確かbyって手段に対して使う前置詞なのに??」と私も初めはよく分かりませんでした。 その他にもいろんな用法があって、とても分かりづらいと思ってい […]

【日常英会話】with 違いがわかる5つの用法の使い方

  • 2020.01.03

with 違いがわかる5つの用法の使い方 withってどんな場面でどう使い分けるのかよくわからないなんて方多いんじゃないでしょうか? それはきっと、withのいろいろな用法が頭の中でまとまっていないからかもしれません。 わかってしまえばなんてことない上に、かなり便利な言葉なんです。絶対使わないわけにもいきません。簡単に確認できる記事ですので、withに不安がある方は寄り道していってください^ &# […]

【YouTube先生】say tell talk speak の使い分け

  • 2020.01.02

say tell talk speak の使い分け 英語では、言う、伝える、話すなど日本語と同様にいろんな「言う」という表現がありますよね。 Tell him to meet us here. Can you say your name again? We talk on the phone every week. Speak quietly. This is a library. なんとなくはそ […]

【日常英会話】You’re welcome以外の適切な返事の仕方31選

  • 2020.01.01

You’re welcome以外の適切な返事の仕方 31選 You’re welcome.は日本語の「どういたしまして」に代わる言葉です。 しかし、ネイティヴスピーカー同士のやりとりでは、あまりYou’re welcome.は多用されません。 あまりに簡単で、ありふれ過ぎた、使われ過ぎた言葉のため、「そっけない」印象を相手に与えてしまうからです。 Thank y […]

【日常英会話】try to doとtry doingの使い分け

  • 2019.12.31

try to doとtry doingの使い分け try to do と try doing try to do はtry + to不定詞の文で、try doingはtry + 現在分詞の文です。 直訳するところでは、とても似た表現ですが、ネイティヴスピーカーたちは明確にそれぞれを使い分けをしているようです。 今日はそんなtry to doとtry doingに着目して勉強していきたいと思います! […]

【日常英会話】I was thereとI had been thereの使い方の違い

  • 2019.12.30

I was thereとI had been thereの使い方の違い I was there.  私はそこにいました。 I had been there.  私はそこにいました。 この2つの文章の違いってどこにあるんでしょうか?? 例えばテストの問題で、「私はそこにいました。」という文を英語で書きなさい。といった問題があったとしたら、先ほどの2つの文はどちらも正解と言えると思います。 でも実は、 […]

【YouTube先生】貸す借りる lendとborrowの使い方の違い

  • 2019.12.29

貸すと借りる lendとborrowの使い方の違い 日本語ではものを借りる時、貸すとき、どちらも似た言葉ですが、それぞれが区別されています。 漢字も借りると貸すでは異なって割り当てられています。 誰からから、自分へものが来る場合は「借りる」 自分から誰かにものがいく場合は「貸す」 という違いが、主な使い分けですよね。 英語でも同様に、それぞれの貸し借りの「方向」によって、lend、borrowの使 […]

【YouTube先生】過去形と現在完了形の使い分け

  • 2019.12.28

過去形と現在完了形の使い方 -どう使い分けるのか解説- 過去形と現在完了形。日本語ではその概念がないのでなかなか私たちにとって理解するのが難しいテーマです。 でもちゃんとしたルールがあり、それに基づいて当然ネイティヴスピーカーたちは使い分けているわけです。 それがしっかり理解できればもう過去形、現在Y完了、さらには過去完了だって怖くはありません! 今日は、To FluencyのJack先生の動画を […]

【YouTube先生】Have you?とDid you?の使い分け あいうえおフォニックス

  • 2019.12.27

Have you?とDid you?の使い分け あいうえおフォニックス 誰しもHave you?とDid you?の使い分けが難しいと感じているのではないでしょうか?? どんな時にHave you?でどんな時にDid you?なのか。 あいうえおフォニックスというスーパーチャンネルが解説していたので、こちらの内容を見ながら今日は勉強していきたいと思います! 事実、この動画を見終わって、確実に理解で […]

【YouTube先生】How have you been?の適切な返事とは

  • 2019.12.26

How have you been?の適切な返事とは よくネイティヴスピーカーと話す時、How’ve you been?と聞かれることがよくあります。 そして、それは挨拶の言葉と知っているかもしれませんが、どのように返事をすればいいのかわからないなんて人もいるかもしれませんね。 実は、私も初めてHow’ve you been?と聞かれた(挨拶された)時、それが、どんな意味か […]

【YouTube先生】-Furthermore-Moreover-Therefore-However-会話で避けるべき4つの用法

  • 2019.12.19

-Furthermore-Moreover-Therefore-However-会話で避けるべき4つの用法 英語を母国語としない私たちにとって、英語の意味を調べるだけでは、なかなかネイティヴスピーカーたちがどうやってそれぞれの単語を使い分けているのか分からない、分かりづらいということが多々あります。 そして、今日勉強することは、きっと自然な英会話を目指している私たちの知識の一つとなるに違いありませ […]

【YouTube先生】疲れを表す5つの表現まとめ HanaEnglish

  • 2019.12.16

疲れを表す5つの表現まとめ HanaEnglish 疲れたという表現は日常生活で欠かせない表現です。 「tired」以外にもいろいろとありますが、いったいネイティヴスピーカーたちはどんな表現を使い分けているんでしょうか?? 今日は、YouTube先生 HanaEnglishのハルナ先生から学んでいきたいと思います! YouTubeの内容の引用になりますので、そのままYouTubeで確認したい場合は […]

【日常英会話】I’m sorry以外の謝罪と代わりの言い回し

  • 2019.12.13

I’m sorry以外の謝罪と代わりの言い回し なんでもかんでもI’m sorry。 知っての通りI’m sorryはとても多くの、あらゆる場面で、ありふれています。 遅刻して Sorry. I’m late.と言ったり、人とぶつかって Sorry.と言ったり。 そして、英語がよくわからなかった私のような日本人は更に多くの場面で使ってしまいます。(使 […]

【スラング 英語】イライラ表現piss me offとtick me off

  • 2019.12.09

イライラ表現piss me offとtick me off 日常英会話では感情を表現するということは欠かせない要素です。 嬉しかったり、悲しかったり、テンションが上がっていたり、落ち込んでいたり、時には、イライラやムカッときたりも、するかもしれませんね。 特にそんな感情の表現は、日常会話では欠かせない一つの要素。 感情表現を豊かにすることで、お互いを理解し合えることができて、よりよい関係を築く近道 […]

1 2 8