I work like? I work as? その違いについて

英語の先生:What do you do? (仕事は)何してるの?

生徒A:I’m working like a waiter.

先生:Oh. No. ”I work as a waiter.”  Or ”I’m a waiter.” 違う違う。(その場合)I work as a waiterかI’m a waiterっていうんだよ。

次の生徒が入ってきて次に、、

生徒B : Hi. I’m sorry. I’m late. My boss kept me late. He’s crazy! At the moment I’m working like a waiter.

その時先生はlikeを使った生徒Bに対してasが正しいと訂正することなく頷きます。すると生徒Aは困惑して先生にI hate you so much.と言うというシーンから始まる〜〜〜の動画。思わず何回観ても笑ってしまいます笑 動画で観ると本当に面白いのでぜひ観てみてください。

さて。今回Likeとasの違いについて見ていきたいと思います。

Likeは通常’’似ている’’ということを表す

You’re really good looking.

Oh. Really?

Yeah. And you look like my dog.

このやりとりはふざけていますが、この場合、’’あなた’’は犬に似ているという意味です。

Asは似ているわけではなく、そのもの、または別の側面からの見え方を表す

I work as a waiter.

この場合、私は働いている、ウェイターとして。と直訳できて、また’’私’’はウェイターそのものですよね。または、その私の別の側面ということもできますが、イコールで結びつけられる関係にあります。

例えば、ある女性がたくさん買い物をしていて、、

She buys expensive clothes like celebrity.という文があったとするとそれは、彼女はセレブではないけれど、セレブのように高い買い物をしている。ということになります。

接続紙としてのasの使い方

同じタイミングで生じたこと

asは接続詞としても使うことが多いですが、その使い方は’’同じタイミング’’を表現したい時です。

As we were talking, my mother came into my room.  私たちが話していた時に、お母さんが私の部屋に入ってきたんだ。

このケースでは、私たちが話していた。とお母さんが部屋に入ってきた。という2つのことが同時に起こっています。

Becauseの代わり(Becauseよりフォーマル)

As you’re not citizen, we cannot hire.  あなたは市民じゃないので、雇うことができません。

慣れてないと使うことが難しいですが、becauseの代わりとしても使うことができます。ただ、フォーマルな感じになるので、その点は覚えておきたいですね。

Likeの真似表現(ジェスチャー)

友達と話をしていて、「あいつあの時こんなこと言ったんだよ!」と伝える場面で、普通に英語で考えると、

He said ○○! ということもできるんですが、likeを使って表現することもできます。

He was like ○○!

この時の○○は、顔つきだったり、仕草だったり、実際に言ったことだったりいろんなコピーをHe was likeの後にくっつけることができたりします。

例えば、嫌な友達がこれ見よがしにお金をかぞえていたら、それを伝える時に、He was like ○○←お金を数えるその友達の真似をする。こんな感じで、あいつこんな感じだったよ!と伝えることができます。カジュアルな友達間でのやりとりで使う印象です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です