gonna・wanna・gotta・haftについてのまとめ

gonna・wanna・gotta・haftについてのまとめ

gonna・wanna・gotta・haftについてのまとめ

みなさんもgonnaやwannaは聞いたことあったり知っているという方も多いかと思います。

でもgottaはちょっとさらに小難しい気がしますよね??それに、gonnaとgottaもなんだか似ているし、わかりづらい。

私だけそう感じているわけではないと思います!

なので、今日はそんなgonna、wanna、gotta、haftについて勉強していきたいと思います!

gonnaの使い方

gonnaはgoing toの省略した形です。

gonna = going to

例えばこんな風にgoing toをgonnaへ置き換えることができます。

What are you going to do after this lesson?  このレッスンの後は何をするの?

What are you gonna do  after this lesson?  このレッスンの後は何をするの?

そんなに難しくはありませんね。単純に省略しているだけなんです。

例えば、「このレッスンの後は何をするの?」と聞かれたら同じように、gonnaを使って返事をすることもできますので、もう少し例文を見ていきましょう^ – ^

I’m gonna go swimming today.  今日はスイミングに行くよ。

I’m gonna go to work.  仕事に行くよ。

I’m gonna go to the store.  お店に行くんです。

I’m gonna sleep.  寝るよ。

I’m gonna drink a glass of wine and go straight to bed.  いっぱいのワインを飲んで、ベッドの直行する。

なぜ、gonnaを使うかと言うと、going toというフレーズは日常がかなりの頻度で出てくるため、いちいちゴーイングトゥというのが面倒だからです。ですから文章よりも会話での登場頻度が高いです。

もちろん、文章で使うこともできますが、ビジネスや少しフォーマルさが必要な場合は避けましょう。あくまで仲のいい友達、家族なら問題ありません。

そうすると、会話でもgannaはカジュアルすぎる?ビジネスでは使えないのでは?と思われるかもしれませんが、会話では普通に使っても大丈夫です。

間違いに注意

このような使い方は間違いです。

✖️I’m gonna to go to swimming.

✖️I’m gonna to drink a glass of wine.

gonn(a) このaはgoing toのtoの音声変化なので、すでにgonnaにはtoも含まれています。

ですので、gonan toとしてしまうと、is going to toと繰り返してしまっているようなものなんです。

否定文

もちろん否定文で使うこともできます。

is going toがis not going toで否定文にできるように、このgonnaを使う場合でも同様にbe動詞の後にnotをつけれは否定文になります。

I’m not gonna go back to sleep.  寝には戻るらないよ。

I’m not gonna play a video game.  ビデオゲームはしないよ。

I’m not gonna watch TV.  テレビを見ないよ。

注意ポイント2

慣れてない場合、こんな間違いをしてしまうこともあるので注意してくださいね。

✖️Do you gonna ~?

✖️Will you gonna ~?

文章の構成が分かっていれば、このような間違いは起こりづらいはずですが、英会話ではとっさの判断、とっさの切り返しが求められますよね。

そんな時に思わず出てきてしまうかもしれません。

wannaの使い方

wannaはwant toの省略した形です。

wanna = want to

これもgonnaと同様にとっても有名な省略の形ですね。このように省略することができます。

Where do you want to visit in the world?  世界でどこに訪れてみたい?

Where do you wanna visit in the world?  世界でどこに訪れてみたい?

特に難しいことはないですね。省略しただけです。

wannaを使って返事を例文として考えてみます。

I wanna visit Hawaii.  ハワイにいきたい。

I wanna learn how to write correctly.  どうただしく書くのか学びたい。

I wanna visit your hometown.  あなたの地元に訪れたい。

wann(a) のaはwant toのtoが変化したものです。ですから先ほどのgonnaと同様にwanna toは間違いなので注意してください。

✖️I wanna to visit Hawaii. 

wannaの注意ポイント

wanna toはもう大丈夫だと思いますが、もっと大事な注意点がこのwannaには潜んでいます。

wanna = want to

はもう分かっていますよね?

ではこんな文章はどうでしょうか??

She wanna be a nurse.

これが実は’’間違い’’なんです。

お気づきでしょうか?

wannaはwant toの省略であって、wants toの省略ではないんです。

wanna ≠ wants to

ですから先ほどの文章は省略せずに、

She wants to be a nurse.

が正しい文章になるんです。

意外なところに引っ掛けがあるのが英語という言語です。。

gottaとhaft

小難しそうなgottaとhaftをいっぺんに紹介、説明したいと思います。例えばこんな文章があったとします。

What do you have to improve your English skills?  英語の技術を上げるのに何をしなければいけないの?

その返事の例がこちらです。

I haft practice everyday.  毎日練習しなければいけないね。

I gotta practice everyday. 毎日練習しなければいけないね。

まず、haftはhave toの省略形です。ですから、have toをそのままhaftに置き換えるだけです。ただそれだけ。発音はハフトゥというように、ちょっと短く発音するだけになります。

 

では、gottaとは一体なんなんでしょうか?

これは、have got toがgottaに変わったとされています。

have got toはhave toと同じく「〜しなければいけない」という意味。

got toが省略されてgotta。haveは基本的に、主語にくっついて省略するのをご存知ですか?

I have = I’ve

You have = You’ve 

He has = He’s

このようにhaveは主語と一緒に発音します。その時の音が省略されて消えてしまうことがあるんです。

その結果、gottaのケースではhaveの存在そのものがなくても、have got toという意味で使えるようになっているんです。

have toの代わりにgottaを使えますが、やはり少し難し印象はいなめませんね^ – ^

I gotta go to grocery store today.  今日食料品店に行かなければいけないんだ。

I gotta think about what to eat for dinner.  夕食を何にするか考えなければいけないの。

難しいとはいえ、have toの代わりにgottaという基本は何もかわりません。それにもしgottaを自然と使えたとしたら、ネイティヴスピーカーの会話に一歩また近づいたことにもなります。

面倒がらずに、一度gottaを使ってみるのはどうでしょうか??

この用法も他の例と同様にgotta toという使い方は間違いですので、そこには同じように注意してくださいね^ – ^