【What are you up to】ネイティブスピーカがよく使う挨拶 2つの使い方とその例文

What are you up toを使って気軽に話かけよう!

みなさん。「What are you up to」って聞いたことありますか??

あまり日本人には馴染みのない言い回しですよね。

でもでも、ネイティブスピーカーたちはこの「What are you up to」をかなりの頻度で使います。

今日はそんな「What are you up to」を使った’’挨拶’’について^ – ^

What are you up toの意味

What are you up toの意味は「何してるの?」です。

日本語でも、「今何してるの?」とか「今まで何してたの?」と聞いたりしますね。

それと同じ意味で、フランクに友達や家族に話しかける際に使われたりします。

What are you up to now?  今何してるの?

What are you up to next week?  来週何してるの?

What are you up to this afternoon?  午後何してるの?

返事としては、〜してるよ。とか〜してたよ。と答えればオーケーです^ – ^

I’m doing shopping.とかI gonna meet my friend.のように、「ショッピングしてるよ。」や「友達に会いに行く予定だよ。」と返事できます。

What have you been up toを使って近況を聞く

この「What are you up to」は過去完了形でも使うことがしばしばあります。

例えばそれは、’’久しぶりに友達と会った時’’などに使うことができます。

It’s been a long time! What have you been up to?  久しぶり!今までどうしてた?

Hey Tom! I haven’t seen you recently!  What have you been up to?  やあトム!最近見なかったけど、どうしてたんだ?

さて、このWhat have you been up toですが、こんな疑問が浮かんできませんか??

「How have you been?とどう違うんだろう?」

How have you been〜?も最近どうですか?という意味です。

ではどんな違いがあるんでしょうか??

「What have you been up to」と「How have you been」との違い

How have you been?と聞かれた場合、I’ve been good.と返したりしますよね。

でも、What have you been up to?と聞かれた場合には、 I’ve been good.とはあまり返事をしません。

Whant have you been up to〜?の場合、もう少し詳しく具体的な内容を聞いているんです。

定番の返事の仕方といえば、こちらです。

Not much.  特に何もないよ。(具体的には)

その他の例で言うと以下のように返事できます。

I have just got new job.

I have been busy.  I have started learning English to go America.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です