【It’s no use –ing】意外と知らない否定の仕方

何かを否定する時はこれ!覚えよう否定の仕方

こんにちわ。

みなさんも会話の中で何気なく、「〜ってやる意味あるのかな〜?無駄じゃね?」なんて言ったり、聞いたりしたこと。ありませんか??

なんとなく学生が使うようなイメージ。

あ。こう言うことか!

「勉強って社会に出て使わないでしょ?じゃあこの勉強無駄じゃない?」

きっとこんな風に考えていた、もしくは考えている学生もいますよね笑

この例に限らず、やっぱり仲のいい友達同士との会話で本音で物事を語るとき、何かを否定したり、その思いを伝える必要がありますよね^ – ^

そんな時に、使う「It’s no use 〜ing」について今日は一緒に勉強したいと思います!

意味とその例文

It’s no use 〜ingは「〜するのは無駄」とか「〜するのは意味ない」と言う意味です。

It’s no use studying.  勉強しても無駄だ。

It’s no use saving money.  お金を貯めても意味がないぞ。

また、このIt’s はThere’sに置き換えることも可能です。

There’s no use studying.  勉強しても無駄だ。

There’s no use saving money.  お金を貯めても意味がないぞ。

有名な諺(ことわざ) 覆水盆に返らず

あと、日本語のことわざである「覆水盆に返らず」と言う言葉、ご存知でしょうか??

済んだことを悔やんでも仕方がない。と言う意味ですが、これをこのIt’s no useでよく表現されますね^ – ^

It’s no use crying over spilt milk.  こぼれたミルクを嘆いても仕方がない。

細かい話をすると「覆水盆に返らず」はそのやってしまったことに対して、責めているんです。

もうどうしようもないぞ。と言う風に。→性悪ですね汗

このことわざは中国から伝わりました。

内容は昔にフラれた女性から復縁を求められた時に、盆の水をこぼして、「それを元に戻せたら、復縁してやろう。」と言ったことからだそうな。

この時の意味合いは、「もう戻せない」「やり直しは効かない」と言う意味です。

それに対してIt’s no use crying over spilt milk.は起きてしまったのは仕方がない。またミルクは注げばいい。

と言う風にも使うことができるんです^ – ^

注意ポイント

注意ポイントは、’’発音’’です。

通常useはユーズと発音しますが、この場合 ユースと言う感じで濁らせません。

理由は、useを動詞としてではなく、名詞として扱うため発音を変化させます。

さてさて、今日は途中ことわざに少し脱線しましたが、分かっていただけたんじゃないでしょうか??

またのご来店お待ちしております^ – ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です