【I was about to~】~するところだった 例文とその使い方

I was about to~を使った日常会話

こんにちわ!

今日は、「I was about to~」という言い回しについて勉強したいと思います!

みなさんこのI was about to~ってどんな時に使うかご存知でしょうか??

とっても簡単な、単語で構成されているし、その意味も難しくありませんが、注意ポイントもあるんです。

ですので、今日は、例文紹介の前に、シチュエーションの会話でまず理解してもらいたいと思います!

会話を覗いて簡単に理解力UP

I was about to~にはちょっとした注意ポイントがあります!すぐ理解できますので、まず、はこの会話を読んでみてください!

Hey Tom! Can you drop me off to the station?

やあ、トム!あの駅に送ってくれない?

No problem.I was about to go library, but I can go later.

大丈夫だよ。図書館に行くところだったけど、後で行ける。

 

このように、「~するところだった」という言い回しです。

注意ポイントは、’’必ず過去形で言う’’こと。

なぜ過去形でつかうのか?

なぜ過去形でしか使わないのか?

過去形で使う理由は、例えば、先ほどの例のように、

I was about to go library, but I can go later.

図書館に行くところだったけど、後で行ける。

行くところだったけど、「しなかった」という理由です。すでに、トムを駅に送ることにしているので、図書館にはいかなかったので、過去形にするんですね。

I am about to~現在形で使う場合

また、I am about to〜のように、現在形でも使うことができます!

それは、「トムが断った場合」です。

例文をみてみてください。

Hey Tom! Can you drop me off to the station?

やあ、トム!あの駅に送ってくれない?

Sorry.I am about to go library.

ごめん。図書館に行くところなんだ。 

この場合、wasではなくamを使います。予定を変えず図書館へいくからですね。

I was about to~を使った5つの例文

例文を5つ紹介します。

I was about to go shopping. ショッピングに行ところだった。

I was about to go home. 家に帰るところだった。

I was about to leave. 出発するところだった。

I was about to call you. あなたに電話するところだった。

I was about to go to work. 仕事に行くところだった。 

この文の先には、実際にはしなかったという事実が見えてきたでしょうか??

する予定だったものの代わりに何をしたか、想像してしまいそうですね笑

それでは最後に!

これに似た言い回しもあります。

「~するはずだったけど、しなかった。」It was supposed to~, but~

詳しくはこちらの記事で(^-^)

 

さて、いかがでしたでしょうか。

ぜひ明日から使ってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です