【I promise not to】〜しないことを約束する 意味と例文 

promise not toってどう使う??その使い方と例文

こんにちわ!

今日は「promise」という単語、それを用いたいくつかの使い回しについて勉強したいと思います!

みなさんこのpromise、〜を約束する。という意味だと既に知っていることかと思います。

でもそれがpromise not toになったらどうでしょう??

約束しないってこと?それとも???

わかってしまえばこれも何てこともない簡単なもの。すぐに使えるようになっちゃいます^ – ^

promise not toで「〜しないことを約束する」

そう、約束しないと言いたいのであれば、

I don’t promise.と言いますよね。

〜しないことを約束する場合には、I promise not to〜で表現します。

I promise 私は約束します。

not to〜しないことを。

こう考えれば、間違えないですみそうですね^ – ^

どんなシチュエーションで使うのか?いろいろありますので、見てみてください(^-^)

I promise not to tell anybody the story.  その話を誰にも話さないと約束するよ。

I promise not to leave without you.  あなたを置いて行かないと約束するよ。

I promise not to be late.  遅刻しないと約束するよ。

I promise not to be mad anymore.  もう二度と怒らないと約束するよ。

I promise not to hurt your feelings.  あなたの気持ちを傷つけないと約束するよ。 

このように、~をしないことを約束するよ。という表現です。

たとえば、誠意をみせて謝るときなんかにもとっても有効です!

I promise to not to mistake anymore.  もう二度と失敗しないと約束するよ。

そう言われたら、「ま、まあ許してやらないこともないかな?」なんて思っちゃいませんか??(^_^)

注意ポイント

注意ポイントとすれば、not toの後には動詞の原形がくるということです!

~しないことという動作について表現しますので、動詞が来ます。

decideでもnot to doを使って「~しないことを、~する」と表現できる

はい、「~しないことを」という使い方は、promiseだけの専売特許ではありません。

他にもこんな時に使うことができますよね。

I decided not toで、~しないことを決めた。

I decided not to tell anybody the story.  その話を誰にも話さないと決めたよ。

I decided not to leave without you.  あなたを置いて行かないと決めた。

I decided not to be late anymore.  もう二度と遅刻しないと決めたよ。

I decided not to be mad anymore.  もう二度と怒らないと決めたよ。

I decided not to hurt your feelings.  あなたの気持ちを傷つけないと決めたよ。 

分かりやすいようにpromiseの例文からdecidedに変えて作ってみました(^_^)

最後の文だけ、少し違和感があるかな?あなたの気持ちを傷つけないと決めた。なんてそんなこと決められてもね?笑

notをいれずにpromise toだと超簡単?!

今回、始めからpromise toの記事ではなく、promise not toについての記事している理由は、簡単すぎるかも、と考えたからです(^_^)

でも!

このpromise。侮(あなど)ってはいけませんよ!

他にも、こんなに文法の種類があるんです!↓ 少しわかりづらいので例文で紹介したいと思います!

①I promise it. それを約束するよ。

②I promise it to you. それをあなたに約束する。

③I promise to keep the limit speed. スピードリミットを守ることを約束する。

④I promise that I never forget it. 私は決してそれを忘れないと約束するよ。

⑤I promise her that I never forget it. 私は彼女に決してそれを忘れないと約束するよ。

⑥I promise her it. 私は彼女にそれを約束する。

でも、これって特にpromiseだけの話でもありませんね(^_^)

例えば、②と、⑥は初級編でもまとめていますがとってもシンプルなものです。

それに加えてthat節で、「~をすることを」という文を後ろにくっつけるだけです。

②⑥についての例文集が気になる方はこちらも見てみてください(^-^)

that節の繋ぎかたをおさらいしたければ、こちらをどうぞ(^-^)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です