【中学英語】canの用法 「〜できる」だけじゃないその使い方まとめ

  • 2017.12.12

Canの「〜できる」以外の使い方解説 皆さんもcanは「〜できる」という意味をもつことは知っていると思います。 でも実はそれだけじゃないんです^ – ^ 今日はそんなcanの「〜できる」以外の使い方も含めて解説していきたいと思います! Canの使い方パターン まずはcanの意味のパターンをまとめてみました。 ①能力 〜できる。 ②依頼 〜してくれない? ③許可 〜していいよ。 ④可能性 […]

【中学英語】現在進行形の用法 意外と知らない使い方

  • 2017.12.11

現在進行形 be –ingの使い方まとめ 現在進行形はbeと動詞のingを組み合わせることで、「〜している」という状態の表現です。 でも実はもう一つの使い方があったんです! 今日は、基本的な使い方とそのもう一つの使い方を例文を交えながら解説していきたいと思います! まず基本的な用法である「〜している」について^ – ^ 状態を表す be –ing「〜している」 […]

【中学英語】There is/areの用法と必ず知っておきたい注意ポイント

  • 2017.12.10

There is/areで「〜があります。」その注意点とは? There isやThere areは「〜があります。」という表現です。 例えばThere is a chair in this room.  この部屋には一つの椅子があります。 というように使ったりできます。 A chair is in this room.  一つの椅子がこの部屋にあります。 とも表現できます^ – ^ […]

【中学英語】過去形の用法 Be動詞と一般動詞の使い方

  • 2017.08.23

過去形のパターンを知れば怖くない!Be動詞と一般動詞 過去形とは「~だった。」とか「~した。」という表現方法です。 ここからが過去、現在、未来の一体いつのことについているかということを学んでいく第一歩です! とは言っても、まったく難しくないので、安心してくださいね!^ – ^ まずは第一歩!過去形をテーマに解説していきたいと思います! 過去形のパターン そもそも、過去形にはいったいどん […]

【中学英語】過去進行形の用法 基本的な使い方と注意ポイント

  • 2017.08.22

過去進行形 本当の使い方を知ろう! 現在進行形が「〜している」なら過去進行形は「〜していた」と言う場合に使います。 でも、実はその使い方には絶対に知っておかなければいけないあるルールがあるんです^ – ^ 今日は基本的な使い方から注意ポイントまでを解説していきたいと思います! 過去進行形の作り方 過去進行形はbe動詞と動詞のing形を並べます。 例えば、「朝に彼と話していた。」と言う文 […]

【中学英語】接続詞whenの用法 基本的な3つの使い方

  • 2017.08.21

接続詞whenの基本的な使い方のまとめ、解説 今回のwhenは疑問詞のwhen「いつ〜?」とは違い、文と文を繋ぐ役目をもつ接続詞としてのwhenです。 実は注意しないといけないポイントもありますので、それも含めて、そんな接続詞のwhenについて解説したいと思います! 接続詞とは? まず簡単に接続詞の説明をしておきます^ – ^ 接続詞にはwhen以外にもbecause、if、as、al […]

【中学英語】SVCの用法 主語と補語がイコールになるその使い方

  • 2017.08.20

SVCとは一体なんなのか?簡単に解説します! SVCって聞いたことありますか? 文章の構成にはS、V、C、O、Mで出来上がっていて、そのSとVとCのみを使った文のことをSVCと呼びます。 ではそのS、V、C、O、Mとは一体なんなんでしょう? 今日はしっかりとその一つ一つを紹介しつつSVCの用法を解説していきたいと思います! S、V、C、O、Mの説明 S Subject 主語 V Verb 動詞 O […]

【中学英語】前置詞toとforの違いを超簡単に解説

  • 2017.08.19

前置詞toとforを明確に使い分けるポイント解説 toとforはどちらも似たような場面で使われるし、とても似たような意味ですので、混乱してしまいますよね^ – ^ 今日はそんなtoとforをそれぞれの使い所の例文を交えながら解説してみたいと思います! 早速ですが、以下の例文の違い、分かりますか?? 例文 I give you a cake to her.  彼女にケーキをあげるよ。 I […]

【中学英語】SVOOの用法 目的語が2つの場合の使い方を解説

  • 2017.08.18

SVOOを使えると会話力が一気にUPするよ! SVOOとは、主語、動詞、目的格、目的格と並ぶ文のことを指す言葉です。 後で詳しく説明しますが、例えば、「私は〜誰々に〜何々を〜何々したよ。」と言う組み立て方を指します^ – ^ わかると会話でかなりの頻度で’’発信’’することができるようになります。 私も毎日のようにSVOOを使っていると思います^ – ^ SVOのように、「 […]

【中学英語】willの用法 5種類の使い方と2つの疑問文まとめて解説

  • 2017.08.17

willの5種類の用法を使いこなそう! willと言えば、真っ先に思いつくのが「〜するつもり」とか「〜となるでしょう」のように、未来を表す表現ですよね。 でも実は、それだけでは、なかなか理解しきれない、もしくは意味を捉えきれない場合があったりします。 今日はそんなwillについての用法パターンを全て洗い出して解説してみたいと思います! wiiの用法の種類 willにはおおよそ5種類の用法があります […]

【中学英語】Shallの用法 意外とむずかしい?その本当の意味

  • 2017.08.15

Shall I〜?と聞くときの注意点と肯定文の場合の使い方 Shallと言えば、真っ先に思い浮かぶのが、映画Shall we dance?です^ – ^ 意味は踊りましょうか?なんですが、気をつけないと意味を少し取り違えてしまうかもしれません! 今日はそんな少し分かりづらいShallについて解説していきたいと思います! Shallの肯定文の使い方から解説 「Shall I〜?」や「Sh […]

【中学英語】be going toの用法 その使いどころとwillとの違い

  • 2017.08.14

be going toの使い方とwillとの違いを簡単に解説 be going toは計画した少し先の未来に対しての表現で、willは今決めた時に使う近い未来表現ということは知っている方も多いかも知れません^ – ^ では実際にはどんな時に使われているんでしょうか?? 例文を見ながら解説していきたいと思います! willの使い方を簡単におさらい willの用法はすでに解説してきました^ […]

【中学英語】be able toの用法 canとの違いも解説

  • 2017.08.13

be able toの使い方 canの代わりではない理由など 意味としては全く同じcanとbe able toですが、canが使えない場合、またはbe able toが使いない場合などがあります。 では、それぞれどんな場面で使い分けられているのか、今日はbe able toの使い方を解説していきたいと思います! では、おさらいとしてまずcanにはどんな使い方があったのかを確認しておきたいと思います […]

【中学英語】mustの4 つの用法 have toとの使い分けも解説

  • 2017.08.13

must〜しなければいけない以外の意外な使い方を解説 mustには「〜しなければいけない」と言う意味があります。 でも実はそれだけじゃないんです! きっと後々知りたくなるかもしれないmust beなど、今日はmustの使い方の解説をしていきたいと思います! mustには意外と多くの用法がありますが、特に一般的に使われる表現についてまとめます^ – ^ Mustの使い方のパターン Mus […]

【中学英語】have toの用法 過去形から未来形まで、その使い方を解説

  • 2017.08.12

まずはhave toとmustをしっかりと使い分けよう! よく、have toとmustはそれぞれ代用できると思われがちですが、かなり違うニュアンスとして実際は使われています。 その使い分けは難しいものではありませんので、意識してみてください^ – ^ mustを使う時 mustを使う時は、避けられないような絶対にしなければいけない場合に使います。 例文 You must go hom […]

【中学英語】感嘆文の用法 HowとWhatの超かんたんな使い分け

  • 2017.08.12

なんて~なんだ!HowとWhatの使い方を解説 なんて今日は寒いんだろう!って英語ですぐにでてきますか?^_^ わかってしまうととっても簡単! 使えれば表現が豊かになりますので、もし忘れちゃったとかわからなかったらこの記事で確認してみてください^_^ 感嘆文の種類 感嘆文には2つの使い方があります。 一つはHowを使い、またもう一つはWhatを使います。 では、それぞれどう使い分けるんでしょうか? […]

【中学英語】to不定詞の用法をまとめて解説!名詞・形容詞・副詞的用法

  • 2017.08.11

to不定詞の使い方をマスターすれば間違いなく一気に会話力UP! ます不定詞という言葉が難しくて敷居を上げてしまっていますよね笑 不定詞とは、動詞以外の働き方をするもので、それはto不定詞、原形不定詞に類別することができます。 to不定詞を知るとより、実践での会話に役立ちますので、今回は、to不定詞に絞って解説していきたいと思います! 簡単に説明していきますので、安心してください^ – […]

【中学英語】動名詞の用法 to不定詞と同じ意味?違う意味?

  • 2017.08.07

動名詞の基本的な使い方とto不定詞との違いとは? 動名詞とは、動詞にingがついた形の単語のことです。 その名前の通り、動詞と名詞の特性を両方持っています。 今日はそんな動名詞をどのように使えるかを解説していきたいと思います! 動名詞の用法まとめ 動名詞とは、例えば、「見る事」や「遊ぶ事」というように、動詞の意味を持った名詞です。 ですので、名詞として扱います。 singing  歌う事 watc […]

【中学英語】as~asの用法 原級比較の使い方 -と同じくらい-

  • 2017.08.06

as〜asの基本的な使い方から応用までの解説 〜と同じくらい◯◯だ。という時に使うのがこの’’as〜as’’です^ – ^ 実際の会話で使いこなすことができるとグッと表現力がアップしますが、これがなかなか難しい! 今日はそんなas〜asを使いこなすために、まずどんな使い方があるのかを、まとめて解説していきたいと思います! as~asのパターン 「~と同じくらい~だ。」と表現するas~a […]

【中学英語】~er than/more than の用法 比較級の使い方

  • 2017.08.05

〜は〜よりも〜 比較級の使い方を知って使いこなそう! 比較級には、原級、比較級、最上級に分けることができますが、今回はその比較級の使い方についてを解説していきたいと思います! そもそも、この原級、比較級、最上級とは’’形容詞と副詞’’に対する変化になります。 では、この比較級の使い方のパターンを見てみましょう! ①形容詞 easier than ②形容詞 more beautiful than ③ […]

【中学英語】〜est/most~ 最上級の使い方

  • 2017.08.04

〜は〜最も〜 最上級の使い方を知ろう!比較級との違い 最上級の用法は比較級と似ている部分が結構あります! 例えば、比較級でmoreなら最上級ではmost。 比較級で形容詞erなら、最上級では形容詞estといった具合です。 でも、最上級にはthanは使えません。 「~は最も~だ。」というように、比較をしないため必要ないんですね^_^ そんな最上級ですが、比較級と同様に一つずつ解説してみたいと思います […]

【中学英語】現在完了のすべてを解説 過去形との違いと完了の意味

  • 2017.08.01

現在完了の継続、完了、経験、進行形を可能な限りわかりやすく解説 現在完了にはいくつかの種類があります。継続、完了、経験、進行形です。 スッキリ分かるとかなり戦力になってくれること間違いなしですので、はっきりとさせてしましましょう! ということで今日は現在完了について解説していきます! 現在完了とは 例えば、「~しつづけている」「ちょうどし終わったところだ」「~したことがある」「ちょうどし終わったと […]

1 8