【中学英語】willの用法 5種類の使い方と2つの疑問文まとめて解説

willの5種類の用法を使いこなそう!

willと言えば、真っ先に思いつくのが「〜するつもり」とか「〜となるでしょう」のように、未来を表す表現ですよね。

でも実は、それだけでは、なかなか理解しきれない、もしくは意味を捉えきれない場合があったりします。

今日はそんなwillについての用法パターンを全て洗い出して解説してみたいと思います!

wiiの用法の種類

willにはおおよそ5種類の用法があります。

①意思未来 (強い意思での行動) I will be back.

②単純未来  (自然と発生する事象) I will be a high school student next month.

③拒否 I won’t go shopping.

④推測 He will arrive Tokyo now.

⑤慣例や法則 Accidents will happen.

これらの使い方を知らないとどの場面でwillが使えるのか分からなくなったり、実際の英会話の際に、相手の言っている意味を捉えきれなくなってしまうかも知れません(>_<)

単純に未来についてだ!と覚えてもあとで確認し直すより最初に知っておいたほうが絶対楽ですので、確認してみてください^ – ^

①will 意思未来(強い意思での行動)

まず意思未来です^ – ^

自分がこれから行うことの表現ですね。

一番分かりやすい用法かも知れませんが、実は大きな注意ポイントがあります!

例文 I will go home.  帰るよ。

I will do that.  それをやるよ。

I will call my mother from now on.  今からお母さんに電話するよ。

I will do the homework after I went home.  帰った後、その宿題をやるよ。

このケースでは、「〜するつもりだ。」と考えることもできると思いますが、その場合少し注意が必要です。

「〜するつもりだ。」と考えてしまうと、少し先の未来にそれをする。ようなニュアンスになりますが、実際のこの場合のwillはすぐにやるイメージです。

すぐにそれをやるよっていう意思表示なんです。

例えば上の例文のI will go home.は私の同僚(アメリカ人)も毎日のように言っている台詞ですが、’’帰り始めながら言っています。’’

つまり未来形として捉えると少し意味合いが合わないんです。

ですので、上の例文では、「〜するつもりだ。」と訳さずに「〜するよ。」としているのは、未来表現ではないからです^ – ^

②will 単純未来(自然と発生する事象)

この場合のwillは客観的にそうなるであろう事柄についての表現になります。

「〜だろう」とか「〜でしょう」と訳すのが一般的です。

例文 I will be a high school student next month.  私は来月、高校生になるでしょう。

You will be a good teacher.  あなたは良い先生になるでしょう。

He won’t be a good teacher.  彼は良い先生にはならないだろう。

My baggage will arrive in a week.  私の荷物は一種間以内に届くでしょう。

Your baggage won’t arrive in a week.  あなたの荷物は一週間以内には届かないでしょう。

否定文で使えば「〜しないだろう。」や「〜しないでしょう。」となります^ – ^

この場合にもwon’tですが、拒否の表現とは異なった意味合いで使います。

ここは文脈を聴きながらどちらの表現なのかを判断しなければなりません!

拒否の場合には主観で私は〜しない。するつもりがない。という表現ですから、主語が「I」であるケースが多いです。

③will 拒否 I won’t go shopping.

このwon’tは拒否や、拒絶の表現です。

①意思未来 (強い意思での行動)が自分の意思を強く表現するのに対して、このwon’tはその強い意思で「断固やらない」とか「絶対しない」というよな拒絶する表現になります。

例文 I won’t go shopping.  私は買い物に行かないよ。

I won’t give up.  私は諦めない。

I won’t be a teacher like my father.  私は父のような教師にはならない。

The door won’t open.  そのドアはどうしても開かない。

This motorcycle won’t start the engine.  このバイクどうやってもエンジンがかからない。

neverとも似た表現とも言えますね。

neverは「もう決して」とか「もう二度と」という意味ですので、もう少し過激に表現したい場合に使えます。

更に強く表現したい場合には、never ever「もう二度と永遠に」と二重に重ねて言ったりもできます笑

ネイティブスピーカーたちはよく使う表現ですね笑

④推測 He will arrive Tokyo now.

「きっと〜だろう」「きっと〜しているだろう」と推測を表現する用法です。

この推測は、はっきりと予測できているニュアンスがあります。でもあくまでもその予測は主観に基づいています^ – ^

例文 He will arrive Tokyo now.  今頃彼は東京に着くだろう。

She will call me in a few minutes.  数分以内に彼女は私に電話するだろう。

I saw a man in front of your home. That will be your friend.  あなたの家の前で男の人を見たよ。きっとあなたの友達だよ。

この表現は知っていないとなかなか意味を捉えきれない代表です。

3つ目の例文のI saw a man in front of your home. That will be your friend.  あなたの家の前で男の人を見たよ。きっとあなたの友達だよ。

これを、「あなたの家の前で男の人を見たよ。その人はきっとあなたの友達になるだろう。」なんて訳してしまうと、なんだか予言されているのか?!なんて思ってしまうかも?笑

⑤will 慣例や法則 Accidents will happen.

最後に紹介する用法です。

「〜はするものだ」と習慣、慣例や法則に関しての表現ができます。

例文 Girls will talk.  女の子たちはおしゃべりするものだ。

Children will grow up quick.  子供達は早く成長するものだ。

Mistakes will be repeated.  失敗は繰り替えさるものだ。

この表現を覚えておくと会話の幅の広がるし、誰かがこのような用法を使った場合にもしっかりと意味を理解できます^ – ^

Will you〜?で作る疑問文 その2つの意味

最後に疑問文の場合のwillについての解説をしていきたいと思います!

Will you〜?には2つの意味があるんです^ – ^

それがこちら!

①未来、意思を聞く表現 Will you be home tonight?

②お願いする場合の表現 Will you please help me?

これらの表現は会話の中で、どちらの意味を差しているのかを判断しなければいけません。

ですので、②のお願いする用法しか知らない場合、①の例のようにWill you be home tonight?と聞かれた時に「今夜家にいてくれますか?」と間違った解釈をしてしまうことになりかねません^ – ^

正しい意味は「今夜家にいるの?」です^ – ^

①未来、意思を聞く表現 Will you be home tonight?

例文 Will you join us?  私たちに加わるかい?

Will you use my notebook of English?  私の英語のノート使う?

Will you go back Japan?  日本に戻るの?

やはり、未来を聞く。というよりは「意思」を聞くという方がしっくりくる表現ですね^ – ^

②お願いする場合の表現 Will you please help me?

例文 Will you please help me?  手伝ってもらえますか?

Will you please send me the package?  その荷物を送ってもらえますか?

Will you please remind me next Monday?  来週の月曜日に思い出させてくれますか?

このWill youの後にpleaseがなくても伝わりますが、お願いしている場合は入れていた方が、よりお願いしている姿勢を表せます!

基本的な例文

I will be a high school student next month.

私は来月、高校生になるでしょう。

 

I will be seventeen years old next month.

私は来月、17歳になります。

 

It will be fine tomorrow.

明日は晴れるだろう。

 

You will be a good teacher.

あなたは良い先生になるでしょう。

 

He will be happy.

彼は幸せになるでしょう。

 

She will be back soon.

彼女はまもなく帰ってくるでしょう。

 

My baggage will arrive in a week.

私の荷物は一種間以内に届くでしょう。

 

The bowling event will be fun.

そのボウリングのイベントは楽しくなるでしょう。

 

When will we be happy?

いつ私たちは幸せになるのでしょうか?

 

The caterpillar will be butterfly some day.

その芋虫はいつか蝶になるでしょう。

 

I will buy that video game.

私はあのテレビゲームを買うつもりです。

 

I will leave here.

私はここを出発するつもりです。

 

I will give the cake for you.

私はそのケーキをあなたにあげるつもりです。

 

I will pick her up tonight.

私は今夜彼女をピックアップするつもりです。

 

I will not give up.

私は諦めるつもりはありません。

 

I will not drink tonight.

私は今夜飲まないつもりです。

 

I will go fishing tomorrow morning.

私は明日の朝釣りに行くつもりです。

 

I will never give up.

私は決して諦めません。

 

I will be back.

私は戻ってきます。

 

I will do the home work.

私はその宿題をするつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です