【YouTube先生】How have you been?の適切な返事とは

How have you been?の適切な返事とは

よくネイティヴスピーカーと話す時、How’ve you been?と聞かれることがよくあります。

そして、それは挨拶の言葉と知っているかもしれませんが、どのように返事をすればいいのかわからないなんて人もいるかもしれませんね。

実は、私も初めてHow’ve you been?と聞かれた(挨拶された)時、それが、どんな意味かよく分からず、「I’m good.」とかなりそっけない返事をしてしまったりしていました。

今日は、How have you been?と聞かれる場面やその時にどんな返事が適切なのか、Go Natural EnglishのVanessa先生の動画から学んでみたいと思います!先生の動画はこちらのリンクです。

How to Answer the Question “How Have You Been?” in [Basic English Conversation]

発音について

How have you been?ですが、まずネイティヴスピーカーの方達は省略したように発音してきます。

How’ve ya been?  ハゥ ヴヤ ビーン

ですので、慣れていないと「??!」 聞き取れないかもしれません。

また、主語が変わる場合もあります。

How has he been?  How’s he been?

How has she been?  How’s she been?

How have they been?  How’ve they been?

慣れてしまえば、聞き取りが難しいという訳ではないので、もし聞き取れないという場合は、単なる慣れの問題です。

How are you?の返事おさらい

How have you been? の返事の前に、より基本となる、How are you?の返事の例をいくつかみて見ます。

もし、How are you?と聞かれたら、例えばこんな返事はどうでしょうか。

Not too bad.  そんなに悪くないよ。

So far, so good.  今の所はいいよ。

I’ve never been better.  これまでにないくらいにいいよ。

Great.  すごくいいよ。

この例できっと不思議に感じるのが、I’ve never been better.  これまでにないくらいにいいよ。だと思います。

それは、never「決して〜ない」という意味から、「全然よくない」という意味と考えてしまいそうですが、ちょっとしたトリックがあるんです。

実は、I’ve never been better than ◯◯.  というように、than 〜が省略されてしまっているんです。

ですので、「◯◯より良かったことがない。」という意味になるんですね。

話が主題から脱線してしまいましたが、注意ポイントでしたので^ ^

では、早速How have you been?についてに移りたいと思います^ – ^

How have you been? の使いどころと返事

How have you been?の場合は、どのような返事が適切なんでしょうか?

まず、How are you?との違いは、何と言ってもHow have you been?が現在完了形である点です。

現在完了は「ある期間」を表現する場合に使います。そしてそれは、「ある時点から今」です。

つまり、ある時間から今まではどうだった?という意味でHow have you been?が使われるということ。

例えば、こんな感じです。

しばらくある友達と会っていなかった。なので、ある期間から今まで、何をしていたか知らない。

このようなケースで、How have you been?が使われるんです。

言い方を変えれば、久しぶりに会って、最近どうしていたの?と聞く感じなんです。

Vanessa先生はこのような例でHow have you been?を使うのが適切という例をいくつか提示しています。

’’友達が2週間病気だった。そして、その間その友達と会っていなかった。

そして再び彼に会った時にHow have you been?’’と聞く。

これは、この2週間(会わなくなってから今まで)、どのように過ごしていたか聞く、思いやる意味があり、とても適切な場面と言えますね。

そして、その返事は例えば

I’ve been great. I’ve been feeling much better.  すごくいいよ。とても良くなった。

といったもの。(あくまで一例です。)

注意点として、毎日会う友達にはHow have you been?は基本的に使いません。最低でも1週間以上会っていなかったら使っても違和感ない程度です。

最も安直な返事としては、

I’ve been good.  いいよ。

I’ve been great.  すごくいいよ。

I’ve been so so.  まあまあかな。

といったものですが、少々退屈な返事と言えるかもしれません。

というのも、久しぶりに会う家族や友人に「最近どうだったの?」と聞かれて、「いいよ。」「すごくいいよ。」「まあまあかな。」といった返事は、まるでそこで会話が終わってしまいそうな感じです。

日本語で考えて見ても、ちょっとそっけないですよね。

ですので、できれば、会っていなかった期間、何をしていたのか伝えるということが、よりよい会話構築には必要になります。

そこで、次のステップとして覚えるべきセンテンスがこちら。

I’ve been ◯◯ing.

動詞のing形(現在分詞)で、何かをしている状態を表現します。have beenと組み合わせることで、それを(ある時点から、今まで)していたんだという表現をすることができます。

いくつか具体的な例で見てきましょう。

I have been feeling fantastic recently.

I have been working a lot.

I have been sleeping a lot lately.

I have been studying a lot.

Vanesa先生はよく友達、家族、かかりつけの医者に対してHow are you?の代わりにHow have you been?と聞くそうです。その理由は、今まで本当に何をしていなのか?何が起こったのか?を聞くことでうまく会話を続けることに繋がり、そうすることで、相手との距離感を縮めたり、お互いを理解することにとても役立つからです。

How have you been?

I’ve been working a lot.

もし、いとこに一ヶ月ぶりにあったというような場面で、もし上記のような例で話した場合、その裏にはいとこのことが大好きで、彼女の仕事のことが知りたかったり、それらを伝えて欲しいと言った想いからそう言った会話を望むわけです。

簡単に言えば、会話のお誘いなんです。

ここで、Vanessa先生がいくつかの会話の例を示してくれていますので、それを紹介したいと思います。

Case1

Vanessa, It’s been so long! How’ve you been?

I know Gabby, I haven’t seen you in months. I’ve been traveling a lot lately.

Lucky you!

 

Case2

Good morning Dr. Wallace.  How’ve ya been? I haven’t seen you since my yearly check-up.

I have been busy working. You’re my 20th patient today. You look like you’ve been taking care of yourself, you look healthy.

Thank you so much! I’ve been trying to take care of myself. I’ve been working out a lot lately and trying to eat healthy too.

That’s great.

 

Case3

Vanessa, I just saw you post a photo with Alyssa and Laura. How’ve they been? I haven’t seen them in ages.

I hadn’t seen them in forever either until I bumped into them at the mail. They said they’ve doing great. They were actually doing some shopping with their brother Mike.

Oh. Mike! How’s he been? I haven’t seen him for a while either. He must be grown up now.

He’s also doing really well. He’s been trying purchase a new home and you’re right he is all grown up now.

さて。ここまで例文を見ながら学んできましたが、どうでしたか??

How have you been?は、しばらく見かけない人に対して、久しぶりに会った友人たち、に投げかける挨拶で会話を始めるきっかけとなる言葉です。

それに対していろんな返事ができますが、基本の部分を知ることで、会話構築の助けになるのではないでしょうか。

私も明日久しぶりに会社の同僚と会うので、早速How have you been?を使ってみたいと思います^ – ^ もしくは先にHow’ve ya been?と聞かれるかな? そうしたらI’ve been ◯◯ing.を使って、これまでにしていたことを話してみたいと思います^ – ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です