【中学英語】▶︎動詞GETと前置詞-at-into-off-over-from-との組み合わせ

自動詞/他動詞 get

意味 ~手に入れる

getにはいろんな意味があり、手に入れる以外にも、「受け取る」「身に着ける」「捕まえる」など他にもいろんなものがあります。

さらには、自動詞だったり、他動詞だったりと、簡単な動詞なんですが、深く考えれば複雑。

そんなgetとよくセットで使われる前置詞-at-into-off-over-from-と組み合わせるとどうのような場面で使えるのか、解説してみたいと思います。

▶︎動詞GETと前置詞-at-into-off-over-from-との組み合わせ

まず相性のいい前置詞は以下の5つがメインになります。

at  ~で

into ~の中へ

off  〜から離れて

over  〜を越えて

from  〜から

get at  ~に達する、~に届く

atは”ある地点’’を表す前置詞です。

そこに、「達する」という意味でも使われるgetと組み合わせると、「~に達する、届く」という意味になります。

簡単なgetとatの組み合わせですが、その言い回しは少し実践的で、中級者向けのような感じです。

He gets at truth.  彼は真実にたどり着く。(真実を突き止める。)

What are you getting at?  何をあなたは言いたいの?(何を目指しているの?)

get into  ~に巻き込まれる、入り込む(足を踏み入れる)

intoは「~の中へ」という意味で、外側から内側へというイメージを持っています。

getを組み合わせると「~に巻き込まれる、入り込む(足を踏み入れる)」という意味になります。

He is getting into the trouble.  彼はそのトラブルに巻き込まれて行ってます。

We got into the ghost town.  私たちはそのゴーストタウンに足を踏み入れた。(入り込んだ。)

get over  乗り越える、克服する

overは「越えていく」というイメージがあります。

getと組み合わせると、乗り越える、つまり克服するとも理解できます。

Let’s get over the mountain today.  今日その山を乗り越えよう。

I will get over this adversity.  私はこの逆境を乗り越える。

例のように、実際にある具体的なもの、例では山などにもget overを使えますし、逆に抽象的な対象、例では逆境、というようなものにも使うことができます。

get off  ~から降りる

offには「離れる」という意味があります。

getと組み合わせることで、「降りる」という意味になります。

I will get off at the next station.  次の駅で降ります。

I get off the bus.  バスから降ります。

逆に乗り込む場合はget onです。

I get on the bus.  バスに乗る。

get away(副詞)  ~を離れる

これまで、前置詞との組み合わせを紹介してきましたが、このawayは副詞になります。

get offととても混同しやすいので、追記したいと思ったので、紹介しておきます。

get offは「降りる」という意味ですが、get awayは、「離れる」という意味になります。

前置詞との用法と違いget awayだけで使用することもできます。それはawayがその後ろにくる名詞ではなく、前にある動詞と結びついているからです。

逆に前置詞は、その後ろにくる名詞の補助的役割なので、その名詞がないということはありません。つまり、get offと言ったら必ず、そのoffと結びつく名詞が後ろにあるはずなんです。

Get away! 離れて!

Don’t let him get away! 彼を逃がすな!

Get away from  〜から離れる

少し続きになりますが、get away fromという使い方もできます。

get awayで「〜を離れる」という意味なので、fromを付け足すことで、「〜から離れる」という意味になります。

Get away from there!  そこから離れろ!

Don’t get away from this place.  この場所から離れるなよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です