【I’m looking forward to –ing】注意したいポイントと2つの使い方

I’m looking forward to –ing 〜を楽しみにしてるよ!

こんにちわ!

I’m looking forward to –ingって聞いたことありますか??

覚えていないとイベントなど誘われた時に、楽しみに思っている想いをなかなか伝えられないかもしれません!

と言うことで、今日はI’m looking forward to 〜ingの使い方の紹介です!

I’m looking forward to –ingで〜するのを楽しみしています。と言う意味になります。

「楽しみだ」と伝えられるだけで、ぐっとその仲が縮まりますので、注意ポイント含めて確認してみてください。^ – ^

I’m looking forward to –ingを使った日常会話

早速ですが、例文から見てみてください。

I’m looking forward to meeting you.  会えるのを楽しみにしてるよ。

I’m looking forward to talking with you.  話せるのを楽しみにしてるよ。

I’m looking forward to playing golf.  ゴルフをするのが楽しみだ。

I’m looking forward to visiting Japan.  日本を訪れるのを楽しみにしてるよ。

I’m looking forward to dinner with you.  あなたとの夕食を楽しみにしてるよ。

注意ポイント

注意していポイントもあります。それは、toの後は動詞の原形ではないということです。toのあとは動詞の原形!と覚えがちですが、このケースではそうではありません。

例えば、日本語でも、「夕食」を楽しみにしています。や、「話すことを」楽しみにしています。というように、名詞や動名詞に対して、楽しみだ。と表現しますよね?

このlooking forward toも同じでなんです。

toはこの場合、方向性のtoと考えるといいですよ!楽しみに思う→その方向が「夕食、話すこと」と言った具合です。

I look forward to –ingはどんな時に使う?

I look forward to –ingのように現在形で使う場合もあります。

ネイティブスピーカーはI’m looking forward to –ingとI look forward to –ingをしっかり使い分けしているようです。

ビジネス上で使う場合、I look forward toを使う

例文で見てみると分かりやすいかもしれません。

I look forward to meeting you.  会えるのを楽しみにしています。

I look forward to working with you.  仕事をご一緒するのを楽しみにしています。

I look forward to visiting your company.  御社へのご訪問を楽しみにしています。

I look forward to new business.  新しい仕事を楽しみにしています。

I look forward to your presentation.  あなたのプレゼンを楽しみにしています。

いかがですか?

ビジネスや、かしこまって使いたい時には、I look forward to –ingを使った方が、好ましいようです。

逆に、友達や親しい中であれば、I’m looking forward to –ingを使ってより自然なニュアンスで「〜するのが楽しみだ」と伝えて見てください!きっと今よりもっと仲良しになれるかも?^ – ^

これでもう、looking forward to –ingについては十分に理解していただけたと思います!

ただ、これだけだと、「楽しみにしている」という表現の場合、looking forward to –ing1本になりがちですので、その他の表現方法も、この際ですから確認して見てください!

2 件のコメント

  • みさと より:

    look forward to watch TV と言う文を学校で習いましたが、なぜ、ingがついてないのか?わかりません

    • shotasan より:

      みさと様
      ご質問ありがとうございます。

      学校で習ったということは、正しいべきなのに、こちらで書かれている内容と合致せず困惑してしまったという内容ですね。
      このケースでのtoは不定詞と呼ばれるものとは異なり、前置詞のtoとして使われます。
      例えば、I went to the beach.私は海に行った。という使い方と同じtoです。
      ですから、toの後には動詞を使うことができません。
      ちょうど隣にいたアメリカ人にも確認しましたので、間違いないと思います。

      ただ、これでは、みさと様の本当に知りたい、なぜ学校でingをつけなかったのかの回答には
      なりません。一度先生に確認してみるのも手かもしれません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です