What’s up?への自然な答え方

こんにちわ。

今日はIU-connectのアーサー先生の動画から勉強していきます。

 

What’s upというあいさつに対して、

I’m fine, thank you.

I’m good, thanks.と答えるのはネイティヴが使う答え方ではない。

 

 

例えば、日本語のよろしくお願いします。は英語ではその場その場の場面によって、何通りもの言い回しとなる。

What’s up?も同じで、その場その場の使い方があるが、基本的な意味合いとしては、

まず挨拶の意味として。

またHow are you?として

そして、What’s up?=What are you doing?何をしてますか?という意味としてがある。

 

その答え方は、

Nothing.何も。

Not much.大したことしてないよ。

Nothing much.特に何も。

 

ネイティヴは何をしているんですか?の返事に、謙遜の意味を込めて、あまり自分が大事なことをやっているとは始めからは言わない。例えば、What’s up?に対して、Now I’m doing 〜〜といきなり答えない。

Not much. 大したことしてないよ。

そしてその後に付け加えるように、

Not much.Just studying English.特に大したことしてないよ。ただ英語の勉強してるだけ。

というように。

 

会話では日本語を英語に直すのではなく、考えや感覚、感情を伝えようとすること。

単語やフレーズはただの省略に過ぎない。アイデア、イメージ、感覚、メッセージの省略である。

つまり、言葉を調べる前にその言葉の裏のイメージや感情を知る必要がある。

 

 

いかがでしたでしょうか?

アーサー先生のレッスンは単にWhat’s up?の返事に対してだけでなく、その裏側にある感情やニュアンスを教えてくれますので、より理解を深めることができます!

YouTubeリンクはこちら。気になった方は是非見てみて下さい。

アーサー先生の動画の方はより細かく深く説明されています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です