【中学英語】目的格の用法 知らないとやばい混乱ポイントとは

目的格っていったい何?わかれば難しくないその用法

目的格って聞くと、なんだかとても難しそう(>_<)

でも分かってしまえばそんなことはないんです!きっとこの「格」っていう漢字がそうさせているだけで笑

では、目的格ってなんだっけ?という話を今日はまとめてみたいと思います!^_^

目的格の種類まとめ

I my me mine アイマイミーマインって聞いたことありますか??これは「私」という代名詞に対して、主格→所有格→目的格→独立所有格の順番に並べて覚えるというもの^_^

ちなにみ、その主格→所有格→目的格→独立所有格を日本語では「~は」「~の」「~に、~を」「〜のもの」となりますよね。

兄が物覚えの悪い私に「はのにをい」って覚えるんだぞ!わかったな!と言っていたのを思い出します。(~_~)

歯のにをいって^_^。。

この覚え方がいいかどうかは置いておいて、meは「私に」や「私を」という意味です。

まず、イメージを持ちやすいように目的格をまとめておきます(^-^)

me  私に、私を 

you  あなたに、あなたを 

him  彼に、彼を 

her  彼女に、彼女を 

us  私たちに、私たちを 

them  彼らに、彼らを 

them  彼女らに、彼女らを 

it  それに、それを 

them  それらに、それらを 

Tom  トムに、トムを 

どれも「〜に」「〜を」という意味ですね^ – ^

日本語でも誰々に〜渡す。とか誰々に〜を教える。という文章を作ったりしますが、それと同じです。

ルールとして動詞の後にこの目的格がきます。日本語の場合は逆ですね。誰々に〜する。なので、目的格が先にあって動詞が付いて来る形をとっています。

例文を見ながら確認して見たいと思います!

基本的な例文

Give me a second?   (私に)時間くれる?

He made me angry. 彼は私を怒らせた。

I appreciate you.  私はあなたに感謝します。

I give you it.  それをあなたにあげるよ。

I like him. 彼を好き。

I love her. 彼女を愛してる。

I know them.  彼らを知ってるよ。

I like it.  それ好きだよ。

I buy them.  それらを買うよ。

これら例文では、目的格で「~に」もしくは「~を」と表現しているのが分かってもらえるでしょうか?

さてさて、ではとても勘違いしやすいポイントがあるので、そこを押さえておきたいと思います!

混乱を招きやすい注意ポイント

私もよく混乱するポイントがあったので、ぜひ確認しておきたいと思います!

例えば以下のような例文がありましたね。

I give you it.  それをあなたにあげるよ。

この場合には、youもitも目的格なんです!

この日本語訳を見てみると「それを」と「あなたに」どちらも「を」と「に」が入っています。

そのためどっちが目的格なんだ?!と混乱しやすいんですが、そのままどちらも目的格です^ – ^

I give you it.という例文の目的格を考える

ではitを省いて「あなたにあげる」という文だったらどうでしょう?

itを抜いて、I give you.となります。この場合youが目的格ですね。

それでは「それをあげるよ。」という文だったら?

そう。「I give it.」となります。この場合には、itが目的格です。

実は第四文型という形だった

もう少し踏み込むと、このI give you it.はSVOOという第四文型と呼ばれるものなんです。

これに関しては、もう少し詳しく、分かりやすく解説していきたいと思いますので、気になる方はそちらを見てみてくださいね。

記事を書いたらリンクを貼ります^ – ^

そして、注意ポイントだけ、書いておくと、SVOOの文は「〜に」「〜を」という順番で構成します。

つまりI give it you.は正しい文章ではありません。

これでは、「〜に」「〜を」という順序で考えれば、こう訳してしまします。

「私はそれにあなたをあげます。」

意味がよく分からなくなってしまいますね笑

ただ実はこんな方法もあるんです!

I give it to you.  それをあなたにあげます。

youの前にtoを入れるとしっかりとした文章に変身してしまうんです!

toを使うのがポイントになりますが、これもまた、別のトピックスでもう少し詳しく説明します^ – ^

どんどん詳しく詳しくと脱線気味ですが、目的格は文章の中でいう「〜に」「〜を」を司る部分。

一つのルールとして、目的格は、動詞の後についてくると考えてしまってもいいかもしれません。

そして、2個連続で目的格を並べることもできる。

その場合は「〜に」「〜を」の順番になります。

「はのにをい」が活躍してくれるかもしれませんね笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です