RとLの発音の仕方の違い!こうやるんです!

こんにちわ。

 

今日は’’R’’と’’L”の発音の仕方の違いについてになります。

ちゃんと知らない方もいるかと思いますので、一度まとめておきたいと思います!

 

ではまず’’R’’から始めたいと思います。

 

最初にやって欲しいのが舌を’’引きながら’’ ’’巻く’’という動作です。

単語を発音する前に、「ルー」と発声練習していただきたいんですが、

ルゥーと発音するときに、舌を引きながら巻いてください。

その時に注意しなければいけないことは、「舌はどこにも触れないように」という点です。

いいですか?どこにも触れないように、引きながら、巻く!

この3つのポイントを守ることが正しい発音をするのに必要な要素になります。

 

では実際に発声してみて下さい!

はいどうぞ!!

 

「・・・」

 

いいですね〜!

では、次に単語rightやwrongの発音を先ほど練習した「舌を引きながら巻く」動作を守りながら発声してみて下さい!

いいですか?Rの発音の時に舌はどこにも触れないで下さいね?

はいどうぞ!

 

「・・・」

 

どうですか?!

いきなりネイティヴ発音になってませんか?!→自信あり

 

これはかなり慣れが必要なので、何度も何度もネイティヴっぽい発音になるように自分で調整しながら練習してください!

私も何度も繰り返して練習しました。最初は全くできませんでしたが、諦めずにやっていたらそことこの発音になって来たと感じてます。

このやり方は、しっかりとしたネイティヴ英語先生に入念に教わったので、間違った発声法ではありません。

実際に現在の発音を聞いてもらっても問題ないと言ってもらえてますので、みなさんも是非トライして見てください!

 

 

 

はい。次。

次は’’L’’の発音の仕方に入ります。

ではまず発声練習からやってもらいたいんですが、’’ラッ’’と発声して下さい。

これは日本人が、「ラーメン」とか「ライオン」とか普通に発音するときと同じように、

舌が上顎を弾く動作で発声してほしいんです。

日本語の’’ラ’’の発音はそもそもこの「舌が上顎を弾く動作」しかないので、特に意識しないでもできるはずです!

 

じゃあ今度はlightやlongをこの「舌が上顎を弾く動作」を守りながら、発音して下さい!

どうぞ!

 

「・・・」

 

できてます!!

 

 

どうですか?

rightとlight

wrongとlong

の発音の仕方、理解していただけたんじゃないでしょうか?

 

是非!RとLの発音はマスターして下さい!分かってしまえばそこまで難しくないですし、使い分けることは絶対できます!

 

今日はRとLの発音の仕方についてまとめてみました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です