アパート見学行ってきました。in South Carolina

こんにちわ。

今日はアパート見学に行ってきました!

そうなんです。今引越しを検討中なんです!

 

 

だって、今住んでる2階のうちだとどうしても子供の足音とかをたしなめないといけません。

また、仮にもう一人の子供を授かったら、今の部屋では狭すぎる。

 

まぁそんな感じでアパートを探し始めようかなと取り敢えずの見学に行ってきたんです。

今は2LDKのですが今度も、同じ2LDKで、ただ、今度は平屋タイプで少しの庭があるところを探しているんです!

 

今日見学してきたところは、あるサブディビジョン、住宅分譲地の賃貸物件です。

 

私の勤めている会社からもアクセスが悪くなく、また息子の通っているプリスクールにも行きやすいところ、ただスーパーマーケットまでは少しあるかな?というような立地の物件でした。

そして、まだこのサブディビジョン地域が拡張されているため、新築だったんです!

 

早速オープンハウスを開催していたので、行ってみると、そのオープンハウス前にはその家の担当者と思われる営業車があり、その車の横に駐車するなり、担当の方がこっちこっち!と家の中に入って!というようなジェスチャーで迎え入れてくれました。

 

入ってまず簡単な挨拶を済まし、どこでも好きなように見ていいわよ!私はここにいるから何かあったら声をかけてね。ととても気を張る必要のない感じでまずホッとしました。

ちなみに最初のやりとりはこんな感じでした。

ガチャッ。

私 Hi! I’m Seiji Takahashi. Nice to meet you!

ジェシカ Hi! Nice to meet you! I’m Jessica!

私 Can I see the room?

ジェシカ Yeh! Sure!

私 We were looking for a bigger house more than our house. Now we live second floor. So we care his sounds.私たちは私たちの家よりも大きな家を探していました。今2階に住んでいます。だから、私たちは彼の音を気にしてるんです。(この時息子は隣にいました。)

ジェシカ I know! I have sons too. I understand that stuff. It is quiet this room here cause it is enough to barrier to another room. No problem!  わかるよ!私も子供たちがいます。ここの部屋は静かです、他の部屋までの障壁が十分ですから。問題ありませんよ!

私 That’s great!

 

というような会話をして家の中の探索開始!

まず最初の印象は、広いこと!

そして、ゲストルーム、洗濯機室、マスターベッドルーム、シャワールームなどなど確認。

やっぱり新築はいいな〜、とっても綺麗でした。

 

ちなみにアメリカの2LDKって2つシャワールームとトイレがついてることが多いんです。ゲストを招いた時に使ってもらうためらしいです。

日本人からすると贅沢に感じていましますよね!

 

見学が終わってからもワクワクが止まらない私たちでした。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です