【中学英語】現在分詞と過去分詞の用法

現在分詞と過去分詞を使ってできる表現とは?

まず分詞という言葉が意味不明すぎますよね笑

分詞には、現在分詞や過去分詞がありますが、それを使ってどんな表現ができるのか?

今日はそんな現在分詞、過去分詞をテーマにして解説してみたいと思います!

分詞の意味 現在分詞と過去分詞

まず、分詞ってなんでしょう?

分詞とは、「動詞」と「形容詞」それぞれの役目がある単語のことを指します。

そして、分詞には、現在分詞、過去分詞があります^_^

現在分詞と過去分詞の使い方

現在分詞

現在分詞は、動詞のing形のことです。

動名詞も動詞のing形で、形は同じですが、意味が異なります。

動名詞は、動詞の意味が付帯した名詞。

例えば、Singing is~「歌うことは~」というように、動詞の意味を持った名詞になります。

現在分詞では、名詞を修飾したり、現在進行形に使ったりします。(詳しくあとで書いています。)

過去分詞

過去分詞は、動詞の変化 write、wrote、writtenでいうとwritten。

過去分詞とは「動詞の原形+ed」となるものと、不規則に変化するもの(またはしないもの)があります。

例えば、walkならwalked 、speakならspeakedといったように動詞の原形にedがつくもの。

またsleepの過去分詞はslept。readの過去分詞はread、このように過去分詞となるときに不規則変化したり動詞の原形のまま変わらなかったりもします。

これは、覚えるしかないところになりますので、少々大変ですよね^_^;

でも仕方ありません汗

過去分詞では、現在分詞と同様に名詞を修飾したり、受動表現につかったりできます。

使い方のパターン

それでは、詳しく現在分詞、過去分詞を使ってできる表現を確認してみたいと思います!

大きく分けて、使い方のパターンは、3つです!

①be動詞と組み合わせて、現在進行形や、受動表現にする

②名詞と組み合わせて、その名詞を修飾する

③haveと組み合わせて、現在完了形にする

それではひとつずつ見ていきましょう!

①be動詞と組み合わせて、現在進行形や、受動表現にする

be動詞と現在分詞 

be動詞と現在分詞をくみあわせると

He is running. 彼は走っている。

このように、現在進行形になります。

be動詞と過去分詞

be動詞と過去分詞をくみあわせると

He was scolded by the teacher. 彼はその先生に叱られた。

「~される。」「~された。」という受動表現になります。

②名詞と組み合わせて、その名詞を修飾する

現在分詞や、過去分詞を使うと名詞を修飾することができます。

例えばbeautiful carと言えば、carの前にbeautifulという形容詞を置いて、「美しい車」と表現出来ますね。

そのbeautifulの形容詞をこの現在分詞や過去分詞と入れ替えてしまうイメージです。

a beautiful car(形容詞)美しい車

 a running car(現在分詞修飾)走っている車

an used car(過去分詞修飾)中古車

どれもcarを説明していると分かると思います。

このように分詞を使って名詞を修飾する説明した文を現在分詞修飾や過去分詞修飾と言います。

現在分詞修飾

現在分詞修飾にはa running car以外にももちろん無数に存在します。

the working man その働いている男性

a crying girl 泣いている女の子

a sleeping baby 眠っている赤ちゃん

などなど。

現在分詞で名詞を修飾する場合、「~している何々」というように、現在それが行われているという意味になります。

また、プラスアルファの意味が付随する場合には注意が必要になります。

この場合はat home 「家で」という意味を追加してみたいと思います。

the man working at home 家で働いている男性

a girl crying at home 家で泣いている女の子

a baby sleeping a home 家で寝ている赤ちゃん

何が変わったかお気づきでしょうか?^_^

そう。名詞の後ろに移動したんです。

現在分詞、単体で修飾する場合は、名詞の「前に」。

at homeとか情報を追加したい場合には、名詞の「後ろ」に来るんです。

過去分詞修飾

過去分詞はこんな例

a stolen car 盗まれた車

a written letter 書かれた手紙

a washed dish 洗われたお皿

現在分詞の例と同じように、情報を付け加える場合には、名詞の「後ろ」に修飾文が移動します。

a car stolen at home 家で盗まれた車

a letter written at home 家で書かれた手紙

a dish washed at home 家で洗われたお皿

過去分詞で名詞を説明する場合には「~された何々」という意味になります。

③haveと組み合わせて、現在完了形にする

これについては、現在完了の記事を別で用意していますが、簡単に説明してみたいと思います!

現在分詞と現在完了(進行形)

現在完了の進行形という文の場合です。

I have been working at home for 8 years. 8年間私は家で働いています。(これからも続く)

have beenに現在分詞のworkingを組み合わせることで、今まで働いて、更にこれからも継続する意味を表現します。

過去分詞と現在完了(継続、完了)

現在完了の継続、完了の場合過去分詞を使います。

現在完了(継続)I have called him 3 times. 3回彼に電話したよ。

現在完了(完了)I have just called him. 今彼に電話したところだ。

詳しい現在完了の用法については、現在完了の記事を参照してみてください^_^

基本的な例文

今回の例文は、現在分詞、過去分詞を使った修飾文を載せておきます^_^

The running boy is my younger brother.

その走っている少年は私の弟です。

 

The boy running in the park is my younger brother.

公園で走っているその少年は私の弟です。

 

Do you know the man sleeping on that bench?

あなたはあのベンチで寝ている男の人を知っていますか?

 

Do you know that sleeping man?

あなたはあの寝ている男の人を知っていますか?

 

Who is that talking girl?

あの話している女の子は誰ですか?

 

Who is that girl talking with Matt?

マットと話しているあの女の子は誰ですか?

 

Can you see the man standing by the corner?

あなたはあの角に立っている男の人が見えますか?

 

Can you see the crying boy?

その泣いている少年が見えますか?

 

That woman singing on that stage is my friend.

あのステージの上で歌っている女性は私の友達です。

 

That singing woman is my friend.

あの歌っている女性はは私の友達です。

I bought a used car.

私は中古車を買いました。

 

I gave you the book written by famous writer.

私は有名なライターに書かれた本をあなたにあげました。

 

He fixed the broken car.

彼はその壊れた車を直しました。

 

He fixed the car broken in the garage.

彼はガレージの中で壊れていたその車を直しました。

 

I like a boiled egg.

私はゆでたまごが好きです。

 

That desk made by a craftsman is very expensive.

あの職人に作られた机はとても高価です。

 

This is the window broken by earthquake yesterday.

これは昨日の地震で壊れた窓です。

 

He found his stolen passport.

彼は彼の盗まれたパスポートを見つけました。

 

I opened the closed door.

私はその閉まっていたドアを開けました。

 

The wall painted by yellow was painted green.

その黄色に塗られた壁は緑色に塗り替えられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です