【hundred thousand million】1億って英語だと100million?よく分からないので数の単位をまとめてみました。

こんにちわ。

今日は数の「単位」について投稿したいと思います!

 

仕事柄日本でのお金の計算をアメリカドルに直したりする事が多いんですが、そのときにいっつも、ハテナが頭の中を埋め尽くします。泣

一億円は英語だとa hundred million?thousand?と分からなくてなり、いちいち0の数をノートに写してようやくわかる程度で、いつも自信がなくなってしまいます。汗

 

ですので今日は、一度まとめてしまおうと今日の記事にすることに決めました!

それでは、まずは以下を見てください!

 

一  1 One

十  10 Ten

百  100 One hundred

千  1,000  One thousand

万  10,000 Ten thousand

十万 100,000 One hundred thousand

百万 1,000,000 One million

千万 10,000,000 Ten million

一億 100,000,000 One hundred million

十億 1,000,000,000 One billion

百億 10,000,000,000 Ten billion

千億 100,000,000,000 One hundred billion

一兆 1,000,000,000,000 One trillion

 

どうですか?

真ん中のギリシャ数字のカンマの数をみてください。特に1,000以上。

何かに気づきませんか??

 

1,000の場合は、1の後ろにカンマがありますね?

だから「1」thousandなんです!

 

10,000ならカンマは10の後ろですね?

だから「10」thousand。

100,000なら「100」thousandというように、ギリシャ数字のカンマには英語表記と合致するようになっていたんです!

 

数が繰り上がって、1,000,000であれば、また「1」なので、thousandの次の位であるmillionの登場!

それは言うまでもなく「1」millionとなります。

 

そう、ギリシャ数字のカンマも英語の桁を示す単位も3個づつ繰り上げます。

上の表からもわかる通り、例えばthousandを使う桁には、まず「One」 thousand、「Ten」 thousand、「One hundred」といった具合で

thousandの前方に「One、Ten、One hundred」をつけます。そのルールはmillion、billionそれ以上の単位でも同様です。

つまり3桁ずつ単位を表す言葉があると言うこと。

 

日本語はと言うと4個づつその単位を表す言葉があるんです。

十、百、千、万。この万が英語にはありません。ですので、英語の数字と日本の数字の単位がずれていってしまうんですね。

 

となると、日本語から英語表記へ変える際には、もう覚えてしまうしかないようにも感じます。

だって一万=Ten thousandですよ?日本語では「万」なのに英語では「thousand」です。それにthousandの前につく数字はTenに対して、万に対しては一です。

これは誰でも混乱してしまいますよね。

 

自分でもなぜいつも上手く頭の中の整理がいつまで経ってもできないのか、やっと理解することができました。→かといってどうすることもできないってことも分かりました。涙

 

今回は日本語での数字、ギリシャ数字、英語での数字を見比べながらまとめてみましたが、特別簡単な方法で変換できるツールにはなり得ませんでした。(ギリシャ数字から英語数字は簡単ですが)

 

まだまだ英語には「少数点の読み方」「分数の言い方」またインチ、フィートなどなど厄介な難敵が多く存在しています。

これらについてはまた、別の投稿にて改めてまとめて行きたいと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です