日本とアメリカでのアパートの違いって?

こんにちわ!

 

実は今アパートを探しているんです!

4月に息子が3才になるんですが、今は2階に住んでいることもあり、息子をたしなめる日々。。

 

せっかくアメリカでのびのびできる環境にいるんだからと思い切って引っ越すことに決めました!

今住んでるアパートは家族を呼ぶ前から借り入れていたので、子供がいる環境はあんまり想定できてなかったんです。

ちょっと駆け足するだけでも響いてしまうので、注意していたら、なんだか忍者のようにササササっと変な駈け足をするようになりましたw

なんだか可哀想に思えて探すことにしたんです。

 

ということで、探している物件の条件はこちら!

1、平屋(息子の足音を機にする必要がない)

2、息子が小学校に上がった時の学区

3、カウンターキッチンからリビングが見渡せる

 

中々子供の学区のことまで考えると住める地域が限られてしまうんで、最悪あと3年したらまた引越しするか。。(息子は後3年後に小学校に入ります。)

う〜ん。悩ましいですね。

 

そんなこんなな状況ですが、ひとつ、日本のアパートとアメリカのアパートではどんな違いがあるのかここでまとめてみたいと思います!

 

まず1つ目は、広いってこと!

もちろんアパートにもよるとは思いますが、1Kなんて見たことありません。学生たちはシェアしながら暮らしているみたいですよ。

最低でも2LDKとか、1LDKでもそのリビングがとっても大きいとかです。

 

2つ目、ユニットバスが大半!→はっきり言って嫌いです。お湯をためる事もできますが、トイレの横でゆっくり浸かっても中々リラックスしづらいです。

それにお湯をためてもすぐ冷めちゃうし。

もちろん追い焚きなんてできません。

 

3つ目!全室冷暖房管理! うちの場合、廊下に温度設定があって、そこで全てのお部屋の温度が一律で変更できます。

これはいいですよ。冬なんか夜トイレ行っても全然寒くないですから。

 

4つ目、キッチンのシンクにディスポーザーがついている!これって多少の生ゴミなら細かく切り刻んで流せちゃうというもの!ちょっと怖い気がしますがとっても便利です。

 

最後、5つ目は食器洗浄器完備!

全てのお家にあるかは知りませんが、ある方が多いんじゃないかな?

見てきた限りついてないのはまだ見た事ありません。

かけると40分くらいゴーゴーうるさいですが、これも忙しい奥様方にはかなり助けになるはずです!

 

こうまとめてみるとアメリカの方が住みやすいかな?

どうでしょうか?少しイメージを掴んでいただけたでしょうか?

簡単にですが、アメリカのアパートってこんな感じとまとめさせていただきました。もちろん住む場所によって全然環境も変わりますので、あくまでも参考程度にしてくださいね!

 

さて、私も引き続き新しい家を探しますね。

引越しできたらその時は投稿でご報告したいと思います。

今回は日本とアメリカのアパートの違いって?という話でした。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です