アメリカのトイレってこんななの?!びっくりトイレ事情

こんにちわ。

今日はアメリカの「トイレ」についてのお話です。

 

アメリカのトイレを初めて利用した方は少しびっくりするかもしれませんね。

 

まず、何がびっくりするかって、トイレの個室が隙間だらけってことです。

初めて利用した時は、日本と違って個室の中がプライベートが確保されていないようで、思わずそわそわしてしまった記憶がありますw

 

なんたって、ドアの下の部分がガラ空きで、外からは足が丸見えですので誰かが入っているかはすぐにわかっちゃいます。

それにドアを閉めても、ドアの隙間が1センチくらい空いていたんです。焦

 

慣れるまでは集中できないので、外出先では個室を利用するのは控えていました。

今となっては特に気にならなくなりましたけどね。

 

日本のトイレは完全にプライベートな空間が確保されていて安心感すら感じますが、これはアメリカとは異なる点ですね。

 

なんでも犯罪防止のために隙間だらけにしてるのだそう。

う〜ん。それにしても日本人の私からしてみれば隙間はない方がいいかなぁ。

 

あと違う点で言えば、ドアが押して開けるってところかな?

確か日本は引いて扉が開きますよね?→自信なし。

 

これは誰かが外側から無理やり開けようとしてきた時、中から押し戻すのに力が入りやすいという利点からそうなっていると聞きました。

やっぱり犯罪防止を第一に考えた結果なんですね。

なるほど。

それにしても、よく困るというか少し使いづらいなと常々感じることは、男性の小の便器の高さが極端に高い、もしくは極端に’’低い’’ってことです。

 

よくアメリカの小の便器の高さが高いのはアメリカ人の身長に合わせてあるためとよく言われますよね。でも極端に低いものも多く存在しています。→子供用として極端に低くしているのかな?

 

単に設置の時に何も考えていないから極端に高かったり低かったりした便器が存在する。もしくは決まった基準(高さは〜〜が標準といった)がないため、そうした極端な高さのものが作られてしまうんではないかといった説もあったりします。

 

また少し似た意味で、個室の方ではトイレットペーパーの設置位置が極端に近すぎて巻き取りづらい、もしくは遠すぎて届かないなんてことも中にはあります。

これも先の説と同様で設置の時に何も考えていないか決まった基準がないからですかね?

まあ大雑把なアメリカらしいところと言えるんじゃないでしょうか?

 

トイレ1つとっても国が違うとこうも違うのかということを感じます。

日本はウォシュレットも標準でついているところも多くてトイレ先進国と言えるんじゃないでしょうか?

 

今日はアメリカでびっくりしたトイレ事情という話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です