【スラング 英語】イライラ表現piss me offとtick me off

イライラ表現piss me offとtick me off

日常英会話では感情を表現するということは欠かせない要素です。

嬉しかったり、悲しかったり、テンションが上がっていたり、落ち込んでいたり、時には、イライラやムカッときたりも、するかもしれませんね。

特にそんな感情の表現は、日常会話では欠かせない一つの要素。

感情表現を豊かにすることで、お互いを理解し合えることができて、よりよい関係を築く近道でもあります。

今日はそんなイライラとムカッとした、という表現について記事にしてみたいと思います。

Piss me off ムカつく

よくアメリカ人同士の会話を聞いていると、「piss me off」という言葉を耳にします。

実は、これスラングで、ムカつくという意味で使われているんです。

Piss off. ムカつく。

It pissed me off.  むしゃくしゃする。

You piss me off.  お前ムカつく。(あなたが私をムカつかせる。)

I got pissed off because he yelled me a lot. あいつがたくさん怒鳴るからムカついたよ。

Tick me off イライラする

Tick off. イライラする。

That really ticked me off. 本当にイライラしたよ。

He ticked me off.  彼が俺をイライラさせたんだ。

I got ticked off because he yelled me a lot. あいつがたくさん怒鳴るからイライラしたよ。

これらのPiss offやTick offは「Angry」で代用することができます。

そして、Piss offもTick offもアメリカ人の友人にどう意味なの?と聞くと、大概「それは、Angryってことだ。」と答えが返ってきます。

確かに、その通りなんですが、少し補足が必要です。

例えば、日本語で、「俺昨日怒ってたんだよ。」って実際にはあまりいいませんよね?意味は伝わりますが、すこし堅苦しすぎる感じです。

通常、友達同士での会話では、「昨日イライラしてたんだ。」とか「昨日ムカッとしたことがあってさ。」のような砕けた表現をすることが多いはずです。

それと同じように、AngryよりもPiss offやTick offが使われているということ。

ただ、注意としては、これらの言葉はあくまで「スラング」であるということです。仲の良い友人同士以外とは使わない方がいいです。

上司や先輩、知らない人がいるような場面では使うことは避けましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です