【中学英語】what you want 間接疑問文の用法

疑問詞+to不定詞とそっくりさんの間接疑問文

関節疑問文は「疑問詞+to不定詞」という形にそっくりです。

例えば、I don’ know what to do.という文は「疑問詞+to不定詞」ですが、間接疑問文は例えばこんな文章になります。

I don’t understand what he’s saying. 彼が何を言っているのか理解できない。

今回は、この「疑問詞+to不定詞」ととっても似た表現の関節疑問文について解説していきたいと思います!

間接疑問文のパターン

関節の疑問文ですから、やはり疑問詞が欠かせません!

how、what、why、which、when、whoです。

それぞれの疑問詞での例文を用意してみます。

I don’t know how he fixed the problem.

I didn’t know what he said.

I didn’t know why he met her.

I don’t know which she will buy.

I don’t know when we arrive.

I don’t know who is going to do it.

間接疑問文の使い方、作り方

重要なポイントとしては、疑問詞の後の文章は、疑問文の形をつくりません。

肯定文の順序になる。ということが1つの特徴です。

✕I don’t know when do we arrive.

◯I don’t know when we arrive.

そして、疑問詞からつなげる文章を1つの名詞と考えてしまいます。

「when we arrive. いつ私達が到着するのか。」

この名詞のかたまりに対して、前方に文章をつければそれだけで関節疑問文になります^_^

先程の疑問詞に対する例文で考えて見ます。

I don’t know how he fixed the problem. どうやって彼がその問題を解決したのか

I didn’t know what he said. なんて彼が言ったのか

I didn’t know why he met her. なぜ彼は彼女に会ったのか

I don’t know which she will buy. どちらを彼女は買うつもりなのか

I don’t know when we arrive. いつ私達は到着するのか

I don’t know who is going to do it. 誰がそれをする予定なのか

疑問詞以降を1つのまとまりの名詞と捉えるとたちまち簡単に感じてきませんか??^_^

疑問詞の後に主語がある場合、ない場合

who以外はすべて疑問詞の後に主語が来ていますね??

これが一つ混乱しやすいポイントかもしれません。

他にもこんな文でも疑問詞の後に主語が来ない場合です。

I don’t know what is in the box.

疑問詞の後に主語があったりなかったりというその理由はとってもシンプル!!

What is in the box? 何がその箱に入っていますか?

Who cleans this room? 誰がこの部屋を掃除しますか?

このように、「何が」とか「誰が」などWhatやWhoが主語の代わりとなります。

このような場合には、whatやwhoそのものを主語として捉えますので、例えば先程のI don’t know what is in the box.のような疑問詞の後に主語が来ないパターンが生まれるんです^_^

念の為にどうなるか書いておきますね^_^

I don’t know what is in the box.

I don’t know who cleans this room.

このように疑問詞の後に主語が来ない文となります^_^

時制については気をつける

この関節疑問文は、疑問詞の前に1つの文。そして疑問詞から後に1つの文で構成します。

そのときに、注意したいのが時制(時間の位置)です。

◯I know where he lives in.

◯I know where he will live in.

◯I know where he lived in.

✕I knew where he lives in. ➨I knew where he has lived in.

✕I knew where he will live in. ➨I knew where he would live in.

◯I knew where he lived in.

主節が過去形(過去完了形)の場合は、従属節もそれにともない変化します。

基本的には、主節が過去形の場合には、従属節には過去形、現在完了、過去完了のみつかうことができます。

時制の一致についてはなかなか複雑で、ここで話し始めると、収まりませんので、別でしっかりと記事にしたいと思います^_^

基本的な例文

I didn’t know what he said.

私は彼が何と言ったのかわかりませんでした。

 

Do you know why she was crying?

あなたはなぜ彼女が泣いていたのか知っていますか?

 

He did not care where his parents were.

彼は彼の両親がどこにいるのか気にしませんでした。

 

I do not know how he got the key.

私は彼がどうやってその鍵を手にしたか知りません。

 

Please tell me when you leave here.

いつあなたがここを出発するか教えて下さい。

 

I wonder who gave the money to him.

私は誰が彼にお金をあげたのか不思議に思います。

 

She did not know what was in the bag.

彼女は何がそのカバンに入っているか知りませんでした。

 

Did you know where they were?

あなたは彼らがどこにいたのか知っていましたか?

 

I do not know who knows.

私は誰が知っているか知りません。

 

I forgot how I came here.

私はどうやってここに来たか忘れました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です